FANDOM


「グレガー、貴様の軍での認識番号はCC-5576-39。階級はキャプテン。クローン・コマンドーと呼ばれるエリート部隊の一員だった。記録によれば戦闘中に行方不明となっておる。サーリッシュの戦いで」
―ミーバー・ガスコン[出典]

CC-5576-39、通称“グレガー”(Gregor)は共和国グランド・アーミーに仕えたクローン・キャプテンで、エリート部隊クローン・コマンドーの一員である。クローン戦争中、銀河共和国サーリッシュの戦い分離主義勢力に大敗を喫した後、グレガーの乗る宇宙船アウター・リム・テリトリー惑星アバファーに墜落した。記憶喪失に陥ったグレガーはボーカスという名のサラスタンのコックに拾われ、ポンズ・オーラの街にある食堂で皿洗いをさせられた。彼はボーカスに言われるがまま戦争とは無縁の生活を送ったが、共和国軍ミーバー・ガスコン大佐ドロイド・チームのD分隊が偶然にもアバファーに流れ着いたことで昔の記憶を取り戻した。グレガーは自分を奴隷のように扱っていたボーカスに反抗し、ガスコン大佐のアバファー脱出を手伝うことになった。彼らは分離主義勢力のライドニウム採鉱施設を強襲し、脱出用のニュー級アタック・シャトルを奪取したが、グレガーは仲間が逃げる時間を稼ぐためバトル・ドロイドと戦い続けた。

グレガーはアバファーで死んだと思われたが、この戦いを生き残っただけでなく、クローン戦争を最後まで生き抜いた。また、彼は全てのクローン兵士のに埋め込まれている行動抑制チップを除去した。銀河帝国が誕生した後、グレガーは同じ境遇のキャプテン・レックスコマンダーウォルフと共に惑星シーロスで引退生活を始めた。彼らは改造型のAT-TEウォーカーで生活し、ジューパ狩りで暇を潰していた。ヤヴィンの戦いの4前、反乱者ケイナン・ジャラスエズラ・ブリッジャーサビーヌ・レンガラゼブ・オレリオスがシーロスを訪れ、年老いたクローン兵士たちに反乱運動への助力を求めた。反乱者と協力して巨大ジューパの“ビッグ・ボンゴ”を釣り上げた後、クローンたちは軍事情報のデータを提供し、力を合わせて帝国軍AT-ATウォーカー部隊を撃退した。その後、レックスは反乱軍のメンバーに加わり、グレガーとウォルフはシーロスに残った。

経歴

クローン戦争

記憶喪失

Borkus lying to Gregor

記憶喪失のグレガーとボーカス

“グレガー”というニックネームで知られるCC-5576-39は、賞金稼ぎジャンゴ・フェットクローンとして惑星カミーノで生み出された。グレガーは銀河共和国グランド・アーミーに仕えるクローン・トルーパーとして訓練を受け、やがて第212突撃大隊フォックストロット・グループに所属するクローン・コマンドーとなり、キャプテンの階級を与えられた。共和国と独立星系連合のあいだにクローン戦争が勃発した後、キャプテン・グレガーは惑星サーリッシュにおける戦いに参加した。この戦闘は共和国の大敗に終わり、グレガーはシャトルに乗って脱出したものの記憶喪失に陥った。彼の乗るシャトルはアウター・リム・テリトリー砂漠惑星アバファーに漂着し、サラスタンボーカスによって発見された。ポンズ・オーラの街でパワー・スライダーズという名の食堂を経営するボーカスは、グレガーを救い出し、自分の店で皿洗いとして働かせることにした。ボーカスはグレガーのクローン・トルーパー・アーマーや武器を隠し、彼が共和国の兵士だったことを秘密にした。[2] ボーカスはグレガーにアパートと食事、仕事を“気前よく”提供したが、グレガーの乏しい賃金では生活費も賄うことができなかったため、ボーカスのために働き続けることを強いられた事実上の奴隷に過ぎなかった。[4]

ガスコン大佐とD分隊

DevisingAGamePlan-MIA

記憶を取り戻したグレガーとD分隊

20 BBYジルキン種族ミーバー・ガスコン大佐率いる共和国D分隊がアバファーにやってきた。ピット・ドロイドWAC-47アストロメク・ドロイドM5-BZQT-KTR2-D2U9-C4からなるD分隊は、暗号化モジュールを共和国の首都惑星コルサントへ運ぶ途中で彗星群にぶつかり、偶然この惑星に不時着したのである。ガスコンは食べ物を求めてパワー・スライダーズに入店したが、ボーカスは彼に料理を振る舞うことを拒否した。その後、グレガーは店の裏で残飯を漁っているガスコンと遭遇した。ガスコンはグレガーの顔を見て彼がクローンであることに気づき、潜入任務中の兵士かなにかに違いないと思い込んだ。しかしグレガーはガスコンの言っていることの意味がわからず、ボーカスに呼ばれて店の中へ戻った。その日の仕事が終わった後、グレガーはボーカスに自分の素性について尋ね、自分をクローンと呼ぶ者がいたと報告した。しかしサラスタンのシェフは質問に答えず、二度とその件を口にするなと命じた。[2]

グレガーがアパートに戻った時、ガスコンとD分隊のメンバーが彼を待ち受け、彼に記憶を取り戻させるためキャプテンCT-7567ホログラムを室内に映し出した。グレガーが思い出すことができたのは輸送船に乗り込んだときと、ボーカスによって助け出された記憶だけだったが、R2-D2がグレガーの左手首に埋め込まれている識別コードを読み取り、彼の識別番号と所属、経歴が明らかになると、グレガーもおぼろげながらサーリッシュの戦いの記憶を取り戻した。自分に与えられた本来の役割を果すべく、グレガーは髪のと髭を剃り、ボーカスが隠しているはずの装備を手に入れるためパワー・スライダーズへ向かった。グレガーとガスコン、ドロイドたちが店内を捜し回っていた時、ボーカスが彼らの前に現れ、グレガーのブラスター・ライフルを本来の持ち主に向けた。ボーカスは装備を取り戻そうとしたグレガーをブラスターで殴りつけ、彼には皿洗いがふさわしいとなじった。しかしボーカスはD分隊のメンバーによって取り押さえられ、グレガーは装甲服と武器を取り戻した。[2]

Gregor

ドロイドと戦うグレガー

ボーカスとの会話で、分離主義勢力がアバファー軌道ヴェネター級スター・デストロイヤーを破壊するため揮発性の高いライドニウム採掘していることを知ったグレガーとD分隊は、ポンズ・オーラのはずれにあるライドニウム採鉱施設へ向かった。彼らは分離主義勢力の計画を阻止し、同時にD分隊が共和国に帰還する手段を確保するため、採鉱施設を襲撃することに決めた。グレガーは施設を防衛するバトル・ドロイドを1人で次々と倒していき、ガスコンとドロイドがニュー級アタック・シャトルに乗り込む時間を稼いだ。途中、彼はライドニウムのコンテナを銃撃して施設の各所で爆発を起こし、転倒したM5-BZを救出してシャトルへ向かわせた。グレガーはD分隊の脱出準備が整った後も採鉱施設にとどまり、コムリンクでガスコンに別れを告げた。D分隊のシャトルが離陸した後、採鉱施設全体が大爆発によって破壊され、グレガーもそこで死んだものと思われた。[2] グレガーの活躍により、ガスコンとD分隊はアバファーからの脱出に成功し、ライドニウムを積んだスター・デストロイヤーを利用した共和国戦略会議へのテロ攻撃を間一髪で食い止め、暗号化モジュールを共和国に送り届けることができた。[5]

帝国時代

シーロスの老兵

ガスコン大佐やD分隊の考えに反し[2]、グレガーはアバファーにおける戦いを生き延びていた。また彼はクローン戦争を生き残り、全てのクローンの内に埋め込まれている行動抑制チップも摘出した。銀河帝国設立後、グレガーは同じ境遇のクローン・キャプテン・レックスやコマンダー・ウォルフたちと一緒に、アウター・リムの惑星シーロスで引退生活を開始した。[3] グレガーは“ビッグ・ボンゴ”というあだ名を付けた巨大なジューパを狩ることに情熱を燃やし、仲間たちと一緒に改造AT-TEで生活を送った。[6]

反乱者の手助け

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

制作の舞台裏

Gregor-TCWs5BR2

グレガー

グレガーは『スター・ウォーズ クローン・ウォーズシーズン5のエピソード『生きていた兵士』で初登場を果たした。キャラクターのビジュアル自体は2012年夏開催のセレブレーションVIで上映されたプレビュー映像で初めて世間に公開された。声優はディー・ブラッドリー・ベイカー

『生きていた兵士』の中で、R2-D2がグレガーの左腕に埋め込まれた識別コードをスキャンし、オーラベッシュ・アルファベットで書かれた軍事情報をホログラムで表示するシーンがある。そこにはグレガーの階級が「Sgt 1st Class」(一等軍曹)と書かれているが、ガスコン大佐はそのホログラムを読んでグレガーの階級はキャプテンだと発言する。

グレガーのヘルメットに書かれた印は、NHLのアイスホッケーチーム ボストン・ブルーインズのキーパー、ジェリー・チーバーズ(Gerry Cheevers)がパックが顔に当たる度にマスクに書き込む縫い目の模様に影響を受けている。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版