FANDOM


「どうやらまた生き延びたようだ」
「いつものことでは?」
レックスとウォルフ[出典]

CC-3636、通称“ウォルフ”(Wolffe)はクローン戦争中に共和国グランド・アーミーに仕えたベテランのクローン・トルーパー・コマンダー惑星カミーノで生み出されたウォルフは、ジェダイ将軍マスタープロ・クーンに仕え、第104大隊ウルフパック部隊を率いた。クローン戦争の初期、ウォルフの部隊が乗り込んでいたクーン将軍の旗艦ヴェネター級スター・デストロイヤートライアムファント>は、アブレガド星系独立星系連合軍艦マレヴォランス>の攻撃を受けた。最後の生存者となったウォルフとクーン、シンカーブースト脱出ポッドで退避し、ジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーパダワンアソーカ・タノに救出された。

コームの戦いに参加したコマンダー・ウォルフは、ドゥークー伯爵の暗殺者アサージ・ヴェントレスと戦っている時に右目を失った。サイバネティックスの義眼を移植したウォルフはその後もクローン戦争で戦い続け、クーン将軍と共にフェルーシアヴァンコアローラ・サユー等に赴いた。特にフェルーシアの戦いでは、クーン将軍と共に分離主義勢力ドロイド軍グリーヴァス将軍と戦った。その後、彼はアリーンの救援任務に従事し、カダーヴォではザイゲリアン奴隷帝国からトグルータ奴隷を解放した。また、ジェダイ・マスター・サイフォ=ディアスライトセーバーを取り戻す手助けもした。

ウォルフはクローン戦争を生き残り、全クローンの頭部に埋め込まれている行動抑制チップを取り除いた。帝国時代、ウォルフはクローン・キャプテンレックスグレガーと共に砂漠の惑星シーロスで引退生活を送った。ヤヴィンの戦いの4前、反乱軍のメンバーになっていたアソーカ・タノが3人の退役クローンのもとに<ゴースト>のクルーを派遣した。タノは帝国との戦いに歴戦のクローン兵の戦力や知恵を必要としていた。他のふたりと違い、ウォルフは反乱運動に加担することに否定的で、密かに反乱者の存在を帝国軍に密告した。しかし彼はすぐに考えを改め、自ら引き寄せてしまった帝国軍を撃退するため古いAT-TEウォーカーを駆使して奮闘する。

登場エピソード

参考資料