FANDOM


C-ROCゴザンティ級クルーザー(C-ROC Gozanti-class cruiser)はコレリアン・エンジニアリング社が製造した改造型ゴザンティ級クルーザーである。犯罪組織や銀河帝国によって使用されていた。

特徴

C-ROCゴザンティ級クルーザーはコレリアン・エンジニアリング社ゴザンティ級クルーザーの改造型である。ゴザンティ級のフレームをベースにさまざまな改造が施されていた。下部構造は標準的なゴザンティ級クルーザーとほとんど変わらなかったが、エンジン・タービンが3つ追加されて合計5基あり、船首はなだらかな形に改造され、船体中央やや後ろの両側にオープン・ベッド式拡張貨物倉が設けられていた。

歴史

帝国時代アウター・リム・テリトリー惑星ロザルで活動する密輸業者がC-ROCゴザンティ級クルーザーを使っていた。ロザルの鉱石は銀河帝国にとって非常に価値のあるものだったため、惑星の軌道にはスター・デストロイヤーが常時駐留していた。しかし、帝国の封鎖を突破を試みる者たちも存在し、5つのエンジンで帝国宇宙軍の艦船にも追いつけないほどの推進力を発揮する改造型ゴザンティ級クルーザーが密輸船として活用されたのである。

ロザルの犯罪組織ブロークン・ホーン・シンジケートのリーダー、シカトロ・ヴィザーゴは、C-ROCゴザンティ級クルーザー<ブロークン・ホーン>を個人用の旗艦にしていた。彼の同僚の犯罪王アズモリガンも同種のクルーザー<マーチャント・ワン>を使っていた。銀河帝国も改造型のゴザンティ級(犯罪者たちのものよりも標準型ゴザンティ級に近い外見だった)を所有しており、ウーキーの囚人をケッセルスパイス鉱山へ運ぶのに用いられた。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。