FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「苦難はいつ終わるのでしょう?」
―C-3PO[出典]

C-3POは、スリーピオ(Threepio)と呼ばれることもあった3POユニットプロトコル・ドロイドである。知覚生物とコミュニケーションを取るためのドロイドとして設計され、エチケットと式典をプログラムされていた。600万を超える言語に精通していたC-3POは、お喋りで心配性な性格のドロイドだった。彼は長年にわたり相棒のアストロメク・ドロイドR2-D2と行動を共にし、しばしば銀河系の歴史の重大事件に立ち会った。

C-3POは、アウター・リム惑星タトゥイーンの街、モス・エスパに住む人間奴隷アナキン・スカイウォーカーによって組み立てられた。スカイウォーカーは、このドロイドに母親シミの家事を手伝わせようと考えていた。しかし、スカイウォーカーはC-3POが完成する前にポッドレースに勝利して自由を手に入れ、タトゥイーンから去っていった。C-3POはその後もシミ・スカイウォーカーのもとに留まり、彼女がクリーグ・ラーズと結婚した後はラーズ家の所有物になった。スカイウォーカーが故郷に戻って来た際、シミが命を落とし、シミの養子であるオーウェン・ラーズはC-3POを本来の持ち主に譲った。

その後、C-3POはスカイウォーカーやパドメ・アミダラ、R2-D2とともに銀河系規模の紛争クローン戦争に巻きこまれることになった。大戦中、C-3POはスカイウォーカーと結婚したアミダラ議員のもとで働くようになった。彼らは何度もクローン戦争の最前線に立ち、しばしばスカイウォーカーやR2-D2と協力して戦った。戦争の終結に伴い、ジェダイ・オーダーダース・シディアスの陰謀によって崩壊し、共和国に代わって銀河帝国が誕生した。スカイウォーカーはフォースのダークサイドに転向し、アミダラは双子出産した直後に命を落とした。C-3POの新しい持ち主になったオルデランベイル・オーガナ議員は、このお喋りなドロイドの記憶を消去するよう命じた。

やがて帝国と共和国再建のための同盟の間に銀河内戦が勃発した。ベイル・オーガナの養女レイアは、デス・スター設計図ジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービに届けるため、C-3POとR2-D2をタトゥイーンへ派遣した。2体のドロイドはルーク・スカイウォーカー密輸業者ハン・ソロチューバッカらと出会い、レイアをデス・スターから救出するために旅をすることになった。ヤヴィンの戦いの後も、C-3POは数々の戦いや事件に参加した。

経歴

誕生後

C-3PO TPM

タトゥイーンでのC-3PO

C-3POは誕生後、マナクロン星系で交渉を務めるプロトコル・ドロイドであった。しかしある時点で彼は解体され、タトゥイーンのゴミ捨て場に捨てられていた。そんな中、奴隷の少年アナキン・スカイウォーカーモス・エスパの街で部品を集め、母親を助けるためにC-3POを再び組み立てた。主にプロトコル・ドロイドは快適な環境を想定して作られているため、スカイウォーカーはC-3POに対して、タトゥイーンの過酷な環境にも耐えられるよう改造を施した。C-3POはスカイウォーカー家に仕えたが、この時スカイウォーカーにはC-3POの周りを覆う事が出来なかったため、ワイヤがむき出しの状態であった。

ナブーの侵略以降、C-3POらの元に客が訪れた。ジェダイ・マスタークワイ=ガン・ジンナブー女王パドメ・アミダラグンガンジャー・ジャー・ビンクスアストロメク・ドロイドR2-D2がナブーから燃料補給のためにタトゥイーンを訪れたのだった。

登場作品

非正史作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki