FANDOM


Black Market Propaganda Poster

市民に闇市場取り引きの通報を求める共和国のプロパガンダ・ポスター

「敬愛する閣僚にしてマンダロアの指導者である皆様、私は中立宣言がわが民に負担を強いていることを嘆いております。分離主義者と共和国の戦争は銀河全域に広まった。マンダロアへの交易ルートも閉ざされ、国民は腐敗に満ちた闇市場の利用を迫られている」
アルメク[出典]

闇市場(Black market)は政府の監視の目を逃れて行われる、商品やサービスの違法な取り引きである。クローン戦争期、法執行機関クローン・トルーパーによる取り締まりが行われていたにも拘わらず、銀河共和国の各地で闇市場の取り引きが行われていた。共和国は、闇市場は独立星系連合との戦争活動を阻害するものであると主張するプロパガンダ・ポスターを作成し、市民に通報を求めた。

クローン戦争中、共和国によるマンダロアへの援助が打ち切られた後、アルメク首相は市民に必要な物資を行き渡らせるため、密かにムーガンによる闇市場の取り引きをマンダロアに招じ入れた。

バリス・オフィーによってライトセーバーを奪われた後、アサージ・ヴェントレスは闇市場で黄色い刃を放出する新しいセーバーを入手した。

登場作品

参考資料

外部リンク

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。