FANDOM


「ブリキ野郎もタフになったもんだ」
コーディ[出典]

BXシリーズ・ドロイド・コマンドー(BX-series droid commando)、通称コマンドー・ドロイド(Commando droid)はバクトイド・コンバット・オートマタ社が製造したバトル・ドロイドの一種。B1バトル・ドロイドの上位型で、強力で頑丈なエリート戦士だったが、高価すぎたため大量生産に適していなかった。クローン戦争独立星系連合が使用した。

特徴

CommandoDroids-SWE

3体のコマンドー・ドロイド

バクトイド・コンバット・オートマタ社製BXシリーズ・ドロイド・コマンドーは高度な戦術と戦場認識力をプログラムされたB1バトル・ドロイドの上位型モデルである。[1] 全長1.91メートルで、隠密行動に適した強力な戦士だった。[2] 標準的なバトル・ドロイドより頑丈で、動きや反応速度も機敏だった。ドロイド・コマンドーの装甲ブラスターの発砲に耐えうるよう設計されていた。コマンドー・ドロイドはブラスター・ライフルスタン・バトンを携行し、特殊部隊は一対一の戦いでバイブロ=ソードを巧みに使用した。[1]

コマンドー・ドロイドの頭部はB1バトル・ドロイドより小さく、白熱光を放つフォトレセプターを備えていた。コマンドー・ドロイドはクローン・トルーパー装甲服を身に着けて潜入任務を遂行することができた。キャプテンをはじめとする高位のコマンドー・ドロイドは頭部と胸部に白い識別子を有した。また、コマンドー・ドロイドはスピーダー・バイク操縦しながら戦うことができた。[1]

歴史

「思った通りだ。新型のコマンドー・ドロイドだな」
レックス[出典]

BXシリーズ・ドロイド・コマンドーはクローン戦争独立星系連合によって使用された。コマンドー・ドロイドは複雑な工学技術と先進的なプロセッサーを備えたエリート戦士だったが、あまりに高価だったため大量生産に向いていなかった。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

独立星系連合
指導者 ダース・シディアス - ドゥークー伯爵国家主席) - グリーヴァス将軍ドロイド軍最高司令官
分離主義評議会 ヴァイスロイヌート・ガンレイ - ルーン・ハーコ - ポグル・ザ・レッサー大公 - エマーワット・タンバー監督者 - サン・ヒル会長 - パッセル・アージェンテ監督官 - シュ・マーイ会頭 - ポ・ヌードー - ティッケス元老院議員
分離主義元老院 ヴォー・アテル - バイ・ブラス - ミーナ・ボンテリ - アミータ・フォンティ - カーチ・クシ - ベック・ラワイズ - パン・リンバウド
主な参加勢力 トレード・フェデレーション - テクノ・ユニオン - バクトイド・アーマー・ワークショップ社 - インターギャラクティック銀行グループ - コマース・ギルド - コーポレート・アライアンス - クオレン孤立主義同盟 - リテイル・コーカス
関連用語 シャドウフィード - 分離主義危機
連合軍
組織 分離主義勢力ドロイド軍 - 分離主義勢力宇宙軍 - アンバラン民兵 - オンダロン近衛兵
バトル・ドロイド B1型ロケット - グラップル - ファイアファイター) - B2型B2-HA - B2-RP - ロケット・トルーパー - グラップル) - OOM型コマンド - セキュリティ - パイロット) - ドロイデカシャープシューター) - アクア・ドロイド - オクトゥプタラ・ドロイド - クラブ・ドロイド - デモリッション・ドロイド - ドロイド・コマンドー - ドワーフ・スパイダー・ドロイド - ドロイド・ガンシップ - バズ・ドロイド - ヘイルファイア級ドロイド・タンク - ホーミング・スパイダー・ドロイド - マグナガード - LR-57 - SD-K4
ビークル AAT - DDT - スーパー・タンク - MTT - NR-N99 - STAP - プロヴィデンス級 - ミュニファスント級 - レキューザント級 - ルクレハルク級 - サブジュゲーター級 - ハードセル級 - プンウォーカ116級 - トライデント級 - シーシピード級 - C-9979着陸船 - DH全能支援船 - ドロイド・トライ=ファイター - ナンテックス級 - ヴァルチャー・ファイター - ハイエナ級ボマー - ベルブラブ22 - ローグ級スターファイター
[テンプレート]