FANDOM


BARCスピーダー(BARC speeder)はアラテック・リパルサー社が製造したスピーダー・バイクである。クローン・トルーパーのドライバー、バイカー・アドバンスト・レコン・コマンドー(BARC)にちなんで名づけられていた。クローン戦争共和国グランド・アーミーが使用した。

特徴

アラテック・リパルサー社製バイカー・アドバンスト・レコン・コマンドー(BARC)・スピーダー・バイクは[1]、優れた速度と機動力、火力を誇ったひとり乗りの地上用スピーダー・バイクである。BARCスピーダーは全長4.83メートル、全高1.53メートル、横幅1.29メートルで、ジェダイが使用したスピーダー・バイクよりも重武装かつ大型だった。BARCスピーダーにはオプションでサイドカーやストレッチャー(担架)を取り付けることができた。[2] 前方用に軽軽ブラスター砲を2門搭載した。[1][2] 最高時速520キロメートルリパルサーリフトエンジンを内蔵していたBARCスピーダーは、高速偵察機として活躍した。[1]

歴史

クローン戦争中、地上戦で優位に立つため機動力の高い兵器の需要が高まり、共和国グランド・アーミーには多様な新型ビークルが供給された。そのうちの一種であるBARCスピーダーは、ただの歩兵では及ばない作戦活動範囲とスピード、機動力、火力をクローン兵士に提供した。[2] スピーダーの名前は、その操縦に特化したバイカー・アドバンスト・レコン・コマンドーにちなんでいた。ほとんどのBARCスピーダーは共和国軍の伝統である赤と白の塗装が施されていたが、カモフラージュ用に茶や緑で塗られた機体もあった。[1]

クローン戦争の3年目、クローン・コマンダーネーオとその部下はBARCスピーダーに乗って惑星サルーカマイの偵察任務を行った。スピーダーで走行中、ネーオはオーダー66の実行命令を受け取り、前方を走るジェダイ・マスタースタス・アリー将軍74-Zスピーダー・バイクを撃ち落とした。[3]

制作の舞台裏

アルティメット・スター・ウォーズ 完全保存版大百科』ではスタス・アリーが惑星サルーカマイでBARCスピーダーに乗っていたと説明されているが、BARCスピーダーに乗っていたのは彼女を撃墜したクローン・トルーパーである。

登場作品

参考資料

脚注

共和国軍
グランド・アーミー 第7空挺兵団 - 第41精鋭兵団 - 第91機動偵察兵団 - 第327星間兵団 - 第104大隊 - 第212突撃大隊 - 第501軍団 - ゴースト中隊 - グリーン中隊 - トレント中隊 - タンゴ中隊 - ウルフパック - クローン・フォース99 - デルタ分隊
宇宙軍 オープン・サークル艦隊 - コルサント本国防衛艦隊 - ブルー中隊 - ゴールド中隊 - シャドウ中隊 - クローン・フライト7
スターシップ ヴェネター級スター・デストロイヤー - アクラメイター級アサルト・シップ - リパブリック・フリゲート - ペルタ級フリゲート - アークワイテンズ級軽クルーザー - CR90コルベット - イータ級シャトル - T-6シャトル - ニュー級アタック・シャトル - シータ級T-2cシャトル - Vウイング - ARC-170 - クローンZ-95 - V-19トレント - Yウイング - デルタ7 - デルタ7B - イータ2
ビークル AT-TE - AT-OT - AT-RT - AT-AP - AV-7対ビークル砲 - BARCスピーダー - HAVw A6ジャガーノート - RX-200 - LAAT/i - LAAT/c - 自走重砲
クローン・トルーパー マーシャル・コマンダー - コマンダー - キャプテン - ルテナント - サージェント - ARC - ARF - BARC - コマンドー - ショック・トルーパー - スキューバ・トルーパー - ナビゲーション・オフィサー - パイロット - フレイムトルーパー - メディック - ライオット・トルーパー - 特殊作戦部隊
[テンプレート]
他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。