FANDOM


AT-ATパイロット(AT-AT pilot)は帝国地上軍全地形対応装甲トランスポートの操縦に特化した帝国軍コンバット・ドライバーである。彼らは2人組でウォーカーコックピットに乗り込み、コマンダーの指揮のもとAT-ATを操縦した。

訓練

ATATpilot-DB

AT-ATパイロット

AT-ATパイロットは帝国地上軍ウォーカー兵器である全地形対応装甲トランスポート(AT-AT)や[3]AT-ATの初期モデル操縦するための訓練を積んでいた。[1] AT-ATウォーカーのパイロットとして訓練を受けられるのは、精神的にも肉体的にも最も屈強な帝国軍兵士だけだった。パイロットは通常2名でウォーカーの顎部コックピットに乗り込み、操縦および火器制御を行った。AT-ATは極めて強力なレーザー砲を搭載しており、邪魔者を破壊しながら容赦なく前進することができたため[3]、AT-ATパイロットは自分たちが無敵のエリートだと思い込みがちだった。[1][3] AT-ATパイロットはおもに人間種族によって構成され、標準身長は1.83メートルだった。[3]

装備

AT-ATパイロットはフルフェイスの強化ヘルメットを身に着け、全身のつなぎのジャンプスーツや操縦用長手袋をつけていた。AT-ATウォーカーには温度調節機能がなかったため、ホスのような極寒惑星で戦う場合、パイロットたちは特殊な断熱スーツを身に着けた。このスーツのおかげで、彼らはウォーカーの与圧コックピットが破壊されたとしても、外部の過酷な環境を生き延びることができた。[3]

AT-ATパイロットは胸部に生命維持パックを備え、標準装備としてブラスター・ピストルサーマル・デトネーターグレネードを携帯していた。[3]

登場エピソード

参考資料

脚注

帝国軍
司令部 ダース・シディアス - ダース・ヴェイダー - 帝国軍最高司令部 - 統合本部
帝国地上軍 帝国地上軍長官 - ストームトルーパー兵団 - 第501軍団 - ブリザード・フォース - 帝国軍地上クルー - 帝国軍コンバット・ドライバーAT-ATパイロット - AT-STドライバー - タンク・ドライバー
帝国宇宙軍 帝国宇宙軍長官 - 艦隊司令部 - 帝国軍スターファイター部隊 - TIEファイター・パイロット - 第7艦隊 - デス小艦隊 - 帝国宇宙軍トルーパーデス・スター・トルーパー) - 帝国軍兵器技術者
その他の組織 帝国情報部 - 帝国軍特殊部隊 - 帝国アカデミー - 帝国軍士官候補生 - インフェルノ分隊
主なビークル AT-AT - AT-ACT - AT-DP - AT-ST - AT-MP - 614-AvA - 74-Z - TIE/D - TIE/ln - TIE/sa - TIE/sk - TIE/IN - TX-225 GAVw - アークワイテンズ級司令クルーザー - インペリアル級スター・デストロイヤー - エグゼクター級スター・ドレッドノート - クエーサー・ファイア級クルーザー=キャリアー - ゴザンティ級クルーザー - センチネル級着陸船 - ラムダ級T-4aシャトル - レイダー級コルベット - デス・スター - 第2デス・スター
ストームトルーパー インペリアル・ショック・トルーパー - サンドトルーパー - シャドウ・トルーパー - ジャンプトルーパー - ショアトルーパー - スカウト・トルーパー - スノートルーパー - デス・トルーパー - マグマ・トルーパー - レンジ・トルーパー
[テンプレート]