Fandom

Wookieepedia

ASN-121

9,071このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

ASN-121ASNクーリエ・ドロイドザム・ウェセルパドメ暗殺のため送り込んだ。装備はカッター・アーム、冷却フィン、光学・赤外線センサー、カプセル放出装置。2枚の冷却フィンを持つ流線型の敏速なマシンで、リパルサーリフトによって空中を移動した。これは加重がかかってもバランスを維持して飛行を続けることが出来た。前部にある器具装着部には銛撃ち銃や狙撃用ブラスター、ガス放出器、スパイ・センサー、火炎放射器といったさまざまなアタッチメントが装着できるようになっていた。パドメの部屋の窓のトランスパリスチールを静かに切り取ったカッター・アームもここに取り付けられていた。

歴史

クローン戦争直前に起きたパドメ・アミダラ元老院議員暗殺計画は、ジャンゴ・フェットが請け負った仕事だった。ジャンゴはザム・ウェセルを使い、議員の宇宙船がコルサントに着陸した直後に爆発するよう工作させたが、影武者を使っていたためパドメは難を逃れた。この事件以降、議員の警備は強化され、ジェダイであるオビ=ワン・ケノービと彼のパダワンアナキン・スカイウォーカーが警護についた。そこでジャンゴは彼女が寝ているときに猛毒を持つコウハンを送り込んで始末しようと考えた。コウハンはザムのASN-121ドロイドによって密かにパドメに向けて放されたのである。

ジャンゴはザムにこのコウハンを透明なカプセルに封入して手渡した。ザムはこのカプセルをASN-121の先端部の特殊な放出装置にセットし、混雑したコルサントの空中を通り抜けて、セキュリティー・フィールドの張られたパドメのアパートに向かうようASN-121をプログラムした。 ASN-121は議員の居室の窓を破ることが可能で、自動警備装置を無効化し、警備を買って出たR2-D2を容易にだしぬくことすらできたのである。

暗殺を察知したジェダイたちはコウハンを殺した。オビ=ワンは逃げるASN-121に飛びつきこのドロイドにぶら下がってコルサントの摩天楼を移動する。これはもう少しでザム・ウェセルの破滅を招くところだった。ASN-121はオビ=ワンを振り落とそうと試みたが、オピ=ワンがザムに接近するのを防いだのはザムの正確な射撃の腕だったのである。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki