FANDOM


6C惑星アバファーポンズ・オーラにあった小さなアパート施設の一室。食堂パワー・スライダーズの経営者、サラスタンボーカスの所有物だった。クローン戦争中、サーリッシュの戦いを生き延びてアバファーにやって来たクローン・コマンドーグレガーは、記憶喪失に陥ってボーカスの世話になり、アパート6Cに住んで食堂の皿洗いをすることになった。[1]

20 BBY、アバファーにやって来た共和国グランド・アーミーミーバー・ガスコン大佐は、グレガーの部屋を訪れて彼がクローン・トルーパーであることを思いださせた。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版