FANDOM


4B-EG-6ファースト・オーダー紛争を繰り広げる私設軍隊レジスタンスに仕える、緑のボディのGNKシリーズ・パワー・ドロイドである。このパワー・ドロイド惑星ディカーにあるレジスタンスの作戦本部に配属され、施設の機材のメンテナンスを熱心に行う傍ら、密かにレジスタンスのドロイド・スパイ網のメンバーとしても活動していた。

34 ABYタコダナの戦いスターキラー基地の戦いの後、ファースト・オーダーに勝利したレジスタンスのT-70 Xウイング・ファイター部隊がディカーに帰還した時、4B-EG-6は基地の着陸ゾーンで彼らを待ち受けた。またレイチューバッカを乗せた<ミレニアム・ファルコン>がディカーからオク=トーへ旅立った際には、他のレジスタンスの仲間たちと共にこの船を見送った。

経歴

Poe dismounts X-Wing

タコダナの戦いの後、<ブラック・ワン>の整備に向かう4B-EG-6

GNKシリーズ・パワー・ドロイドの4B-EG-6は、ファースト・オーダー紛争を繰り広げる私設軍隊レジスタンスに所属していた。このパワー・ドロイドイリーニウム星系惑星ディカーにあるレジスタンスの拠点に配属され、他のレジスタンスのドロイドと同じく定期的な充電やメンテナンスのときを除いて、たゆみなく働いていた。[2] また4B-EG-6はプロトコル・ドロイドC-3POが率いるレジスタンスのドロイド・スパイ網のメンバーとして秘密裏に働いており、見聞きしたことをC-3POの副官であるPZ-4COに報告していた。[6]

34 ABY、レジスタンスが惑星タコダナにおける戦いでファースト・オーダーに勝利を収めた後、4B-EG-6はタコダナの戦場から戻ってきた[5] ブルー中隊[3] T-70 Xウイング・ファイターをレジスタンス基地の離着陸場で出迎えた。YT-1300軽貨物船ミレニアム・ファルコン>の着陸ゾーンの反対側にある離着陸ベイに居合わせた4B-EG-6は[5]ブラック・リーダーポー・ダメロンXウイング・スターファイターである<ブラック・ワン[2] の整備に向かい、ズザボル種族のクルーとともに作業にあたった。[5]

それからしばらくして、レジスタンス・スターファイター部隊がファースト・オーダーの超兵器であるスターキラー基地破壊し、再びディカーに戻ってきたときも、4B-EG-6は<ファルコン>の着陸ゾーンの反対側のベイに居合わせた。またゴミ漁りレイが離着陸場でレイア・オーガナ将軍と会話を交わした際、4B-EG-6は同じくレジスタンスのドロイドである[5] B-U4D[2] とともに整備クルーによるチェックを受けていた。その後、4B-EG-6は大勢の仲間たちと一緒に、惑星オク=トーへ旅立つ<ファルコン>を見送った。[5]

個性と特徴

他のGNKパワー・ドロイドと同様、4B-EG-6は全高1.1メートル[4]インダストリアル・オートマトン社によって製造された。[1] このドロイドは燃料供給が必要な場所へ歩いていくための2本のを持ち、内部にフュージョン・ジェネレーターを備えていた。[2] 4B-EG-6のボディは緑で、フロント・パネルに赤いマーキングがあり、背中には黄色いストライプ模様が入っていた。[5]

制作の舞台裏

Fan Droids explosion

『ドロイドのファンたち』の一場面

4B-EG-6は2015年に公開されたシークエル・トリロジー第1作『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』で初登場を果たした。名称は同作の設定資料集である『スター・ウォーズ/フォースの覚醒 ビジュアル・ディクショナリー』(パブロ・ヒダルゴ著)で初めて判明した。

4B-EG-6は他のレジスタンスのドロイドと一緒に2017年9月3日に公開された非正史の短編アニメ『STAR WARS:BB-8 ミニクリップ』のエピソード『ドロイドのファンたち』にも登場している。本作で4B-EG-6は2BB-2BB-4BB-8M9-G8と一緒にアストロメク・ドロイドR2-D2の業績を記録したホログラム動画を鑑賞して盛り上がり、その直後にたまたまR2-D2本人が近くを通り過ぎたのを見て、興奮のあまりショートしてしまう。

登場エピソード

非正史作品

参考資料

脚注