Fandom

Wookieepedia

4連レーザー砲

< 4連レーザー砲

9,071このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
正史版の内容はこちらをクリック。  レジェンズ版の内容を紹介しています。 
FalconQuadCannon.jpg

ミレニアム・ファルコン>の4連レーザー砲

4連レーザー砲クワッド・レーザー・キャノン[1](Quad laser cannon)、あるいはクワッドレーザー(Quadlaser)は、一般的にXSストック軽貨物船や<ミレニアム・ファルコン>といった小型の貨物船で使用されていた兵器の一種である。

歴史

トレード・フェデレーションが使用したルクレハルク級バトルシップといったより大型の戦艦は、より威力の強い4連ターボレーザー砲を装備していた。

ハン・ソロが所有したYT-1300軽貨物船ミレニアム・ファルコン>は2機のコレリアン・エンジニアリング社AG-2G 4連レーザー砲を上下の砲塔に装備していた。YT-1300の標準装備である上面のツイン=ガン・レーザー砲をAG-2Gに取り替えたのはランド・カルリジアンで、下面にも新しいAG-2Gを追加したのはソロだった。独特のエネルギー分配機により、砲のエネルギーを目標の機体のシールドに対し散布することが出来、敵のシールドを過負荷にしてデッフレクター・シールドを破壊、無力化する用途に特化していた。<ファルコン>のクワデックス社パワー・コアから直接エネルギー供給がなされ、カスタムのレーザー発生器や大型のエネルギー発生クリスタル、大容量ガス供給器、強化パワー循環器が追加されていた。この違法改造により、<ファルコン>の4連レーザー砲は一撃で帝国軍TIEファイターを撃破出来る程だった。

ルーク・スカイウォーカーは初めて4連レーザー砲を操作したとき、フォースの才能の片鱗を発揮した。初心者でレーザー砲の照準システムを操作したり、鉄器に照準を合わせ、命中させることが出来るものなどほとんどいない。

登場作品

参考資料

脚注

  1. 訳語やカタカナ表記は『スター・ウォーズ: ミレニアム・ファルコン メカニック・マニュアル』などの邦訳書籍に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki