FANDOM


3B6-RA-7は"スリービー"(Threebee)の愛称で知られたRA-7プロトコル・ドロイドモフダンハウゼン水分農夫ソル・ドーに、スパイ、介護者、農場労働者として仕えた。もともとは帝国保安局所有の、プロトコルスパイ用のドロイドだった。

帝国での活動中、このドロイドはそのとんでもない無能ぶりを発揮する。保安局は3B6がスパイの仕事をしてくれるのを期待し、モフのダンハウゼンへ3B6を贈った。ダンハウゼンも、このドロイドの不適当な仕事にはうんざりしてしまう。やがてRA-7シリーズが帝国本部のスパイであるといううわさが流れると、モフ・ダンハウゼンも手遅れにならないうちに3B6-RA-7を処分しようとした。

タトゥイーンで、3B6はジャワジェク・ニックに捕らえられてしまう。ジャワたちはこのドロイドを商品として扱ったが、なかなか売りさばくことはできなかった。3B6-RA-7はやがてジャワのサンドクローラーの中で、新参ドロイドをあざけったり馬鹿にしたりする古株になった。最終的に彼はドロイドフェストへ出されることになり、水分農夫のソル・ドーによって買い取られた。3B6-RA-7はこの新しい主人を時がたつに連れて好きになっていったが、ドーはこのドロイドをエポートへ転売してしまう。RA-7型のほとんどはヤヴィンの戦いで消滅したとあって、3B6は貴重な存在になっていたのだ。

登場作品

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki