FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
Npep3delsceneconfrontchancello3

メンバーの会合

「議員の多くが同じ気持ちでいることを知れば、パルパティーンはこれ以上憲法を切り刻むのをやめるかもしれない。それがわたしたちのねらいなの。二〇〇〇人の議員の署名があれば」
モン・モスマ[出典]

2000人の議員(Delegation of 2000)は、クローン戦争の末期、最高議長パルパティーンに提出された2000人の請願書に署名した、ロイヤリスト・コミッティー元老院議員や政治関係者の呼び名である。このグループは、クローン戦争が終結に近づいているにもかかわらず、銀河元老院最高議長が非常時大権を使い続けることを懸念していた。特に彼らは、銀河系各地にモフを置く宙域統治法令に反対していた。グループのメンバーの多くが、共和国の民主主義の未来を心配していた。

銀河帝国が誕生した後、帝国情報部は少なくとも63人の議員メンバーを逮捕した。もっとも、彼らの一部(もしかしたら全員)は新しい銀河皇帝からの警告のしるしとして、一時的に拘留されていただけだった。ファング・ザーパドメ・アミダラ議員は、皇帝の部下ダース・ヴェイダーに殺害されている。

キャッシークの戦いの後、グループの半数が請願書の署名を撤回していた。しかし、彼らの多くはパルパティーンの支配に声を出さずに反対し続け、ゴーマンの大虐殺に奮起して共和国再建のための同盟、通称反乱同盟軍を形成することになった。

知られているメンバー

Bail Organa and Mon Mothma

メンバーのモン・モスマベイル・プレスター・オーガナ

知られている議員と、その後

制作の舞台裏

小説版『スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐』では、ベイル・オーガナは2000人の議員に加わっていないとされているが、『暗黒卿ダース・ヴェイダー』などではメンバーに数えられている。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki