FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
「これは、反逆者たちの名簿だ」
―請願書について、パルパティーン[出典]

20000人の請願書[1](Petition of 2000)はクローン戦争の末期に、元老院議員やその他の政治関係者(“2000人の議員”)によって作成され、最高議長パルパティーンに提出された文書である。請願書では、戦争が終結に近づきつつあることを理由に、分離主義危機以来手にしている非常時大権を手放すようパルパティーンに求めていた。また、宙域統治法令によって銀河系各地に配置される総督モフについても、請願書の議員たちは反対していた。

銀河共和国銀河帝国に改変されたあと、多くの議員たちが請願書への署名を撤回した。

登場作品

参考資料

脚注

  1. 訳語は小説版『シスの復讐』、『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。