FANDOM


2-1B外科医ドロイド(2-1B surgical droid)はインダストリアル・オートマトン社が製造した医療ドロイドの機種である。百科事典のような知識を備えた医療ユニットで、クローン戦争銀河内戦の時代に銀河系各地で使用されていた。

特徴

RedemptionInterior

ルーク・スカイウォーカーを治療する2-1B

インダストリアル・オートマトン社製2-1B外科医ドロイドヒューマノイド型の体格の医療ドロイドで、全長は1.77メートルだった。百科事典のような医療用メモリー・バンクを備え、銀河系の何百万という種族を悩ませる様々な怪我や病気を診断・治療するようプログラムされていた。2-1Bドロイドは幅広い知識と組み換え式の両手を駆使し、どのような状況にあってもベストな治療を行うことができた。このドロイドは固定・油圧式の脚とボキャブレーターを備え、一部のユニットは皮下注射器を搭載していた。

主なユニット

クローン戦争中、TB-2という2-1BドロイドがG9リガー級軽貨物船トワイライト>に乗り込んでいた。彼はホログラム越しに医学的な助言を行うこともあり、テスの戦いの直後には、アソーカ・タノハットの赤ん坊ロッタの治療方法を教えた。アブレガドの戦いの後、2-1Bは脱出ポッドから救出された酸欠状態のクローン・トルーパーシンカーブーストコマンダーウォルフを診断した。TB-2はのちに銀河共和国ヴェネター級スター・デストロイヤーレゾリュート>に配属され、ライロスの戦いで負傷したウルフ・ユラーレン提督を治療した。

クローン戦争中、2-1Bドロイドはナブーオルデランコルサントカリーダ・ショールズ医療センターといった銀河系各地の惑星および施設で使用された。この頃、惑星タトゥイーンにあるチャルマンのカンティーナでは2-1Bドロイドがバーテンダーとして働いていた。ハルウン・コルの戦いで負傷したジェダイ・マスターデパ・ビラバジェダイ・テンプルの医療施設で2-1Bドロイドの治療を受け、バクタ・タンクでの長期療養に努めた。

銀河内戦期、機種名と同じ“2-1B”という名前の2-1Bユニットが反乱同盟軍に仕えていた。2-1Bは医療アシスタント・ドロイドFX-7と共に惑星ホスエコー基地に配属され、ワンパに襲われて負傷したルーク・スカイウォーカー中佐を手当てした。2-1Bはホスの戦いで無事に惑星から脱出し、EF76ネビュロンBエスコート・フリゲートリデンプション>に乗り込む。ホスの戦いの少し後、2-1Bはシス卿ダース・ヴェイダーとの対決で右腕を失ったスカイウォーカーを治療し、サイバネティックスの義手を移植した。

登場エピソード

参考資料