FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
SidiousVaderPromo

2人の掟に従っていたダース・シディアスとダース・ヴェイダー

「奴らは常に2人。2人が組んで動く。マスターと弟子だ」
ヨーダ[出典]

2人の掟(Rule of Two)はシスの掟であり、シス卿は同時期に2人しか存在してはならず、フォースのダークサイドの会得者であるマスターと、その力を欲する弟子の2人と定めた。この掟はダース・ベインによって取り決められ、シスの暗黒卿によって1,000年近く受け継がれていた。

歴史

「なぜ私は忘れ去られないと思う?」
「シスの2人の掟を作ったからじゃ」
―ダース・ベインの幻影とヨーダ[出典]

ダース・ベインによって掟が作られるより昔から、シスの教義にはマスター弟子の概念があり、2人のフォース=センシティブが手を組まなければ中に入ることができないシス・テンプルも存在した。

クローン戦争のおよそ1,000年前、ダース・ベインがジェダイ・オーダーとの戦いで唯一の生存者となった。その際ベインは、欲望による戦いがシスの内部崩壊を導いたと気づき、2人の掟を作ることで内密にシスを存続させ、ジェダイへの復讐の時を待とうと考えた。

ジェダイがシスの滅亡を信じる中、シスはこの掟を守り続けた。しかし4 ABYダース・シディアスの弟子であるダース・ヴェイダーがフォースのライトサイドに再転向してアナキン・スカイウォーカーに戻り、シディアスを倒したことによってシスは滅亡し、掟は終焉を迎えた。

登場エピソード

参考資料