FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
この記事はナブーで戦ったバトル・ドロイドを扱っています。 あなたが探しているのはほかの1138かもしれません。

1138OOM-9のもとでトレード・フェデレーション・ドロイド軍に仕えていたB1バトル・ドロイド。このドロイドヴァイスロイヌート・ガンレイの占領軍に所属し、フェデレーションによるナブー侵略に従軍していた。惑星の原住民であるグンガンがフェデレーション側の軍隊に反撃しようとしたとき、1138はOOM-9の部隊の一員として大草原へと派遣された。グンガンは追い散らされ、1138は敵のリーダーのひとりであるジャー・ジャー・ビンクスを逮捕しようとしたが、フェデレーションのドロイド・コントロール・シップが破壊されたため、1138の動きも止まってしまった。

経歴

1138はトレード・フェデレーション・ヴァイスロイヌート・ガンレイドロイド軍に仕えていたB!バトル・ドロイドである。32 BBY、ガンレイは銀河元老院の新しい通商ルート課税に講義するため、自分の指揮下の艦隊を使って惑星ナブーを封鎖した。彼はすぐに、自分の軍隊を惑星に侵攻させ、政府を制圧し、ニモーディアンたちがナブーの支配権を掴んだ。1138は、OOM-9の指揮下に置かれていた占領軍の一員だった。

3B3-1138

破壊される直前の、停止した1138

その後まもなく、惑星のガンレイによる支配に対するレジスタンスが表面化し、ジャー・ジャー・ビンクス将軍タブラー・シール将軍によって率いられた、惑星の原住民グンガン軍隊が大挙して大草原へと集まった。OOM-9は1138を含む対抗勢力を率い、グンガンの軍隊とグラッシー・プレーンの戦いで交戦した。

最終的にグンガンの軍は敗北し、退却を余儀なくされた。これに対し、1138は3B3-888とともにビンクスとキャプテン・ルース・ターパルスの捕獲に加わった。1138はビンクスをブラスターの銃口に捕らえたが、ナブー軌道に配置されていた、バトル・ドロイドと通信を行っていたフェデレーションのドロイド・コントロール・シップアナキン・スカイウォーカーによって破壊されてしまった。結果、1138を含む、惑星にいたすべてのバトル・ドロイドは停止してしまった、このドロイドの頭は落ち、ビンクスは1138の胴体を地面へと押し倒した。ナブーの指導者クイーンパドメ・アミダラはガンレイを捕らえ、惑星の支配権を取り戻すことが出来た。

特徴

バクトイド・コンバット・オートマタ社によって作られた1138は、白いペインティングをなされ、黒いフォトレセプターをしており、他のB1バトル・ドロイドと同様に高さ1.91メートルだった。1138は草原での戦いのときにE-5ブラスター・ライフルを装備していた。ドロイドの機能が停止したとき、1138の頭部は自発的に落下したが、ほかの大部分のドロイドではこの現象はみられなかった。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。