FANDOM


「わたくしめは000、別名トリプルゼロ。儀礼、習慣、通訳、拷問を専門としているプロトコル・ドロイドでございます」
―0-0-0[出典]

0-0-0、通称トリプル=ゼロ(Triple-Zero)は儀礼、習慣、通訳および拷問に特化したプロトコル・ドロイドである。本体ボディはグランドモフウィルハフ・ターキンの管轄下で開発された。ヤヴィンの戦いの直後、トリプル=ゼロ人格マトリックスをインストールされたことで殺人と拷問を好む礼儀正しいドロイドとなった。トリプル=ゼロの人格マトリックスは銀河帝国の何世紀も前に開発された古代の遺物だったが、生物の血液を抜いて収集するという奇癖があったため、帝国時代当時、隔離施設クアランティン・ワールドIIIに保存されていた。ヤヴィンの戦いの直後、盗賊考古学者ドクターチェリ・ローナ・アフラドロイド・ゴトラの依頼を受けて人格マトリックスを盗み出したが、すぐに犯罪組織との縁を切り、シス卿ダース・ヴェイダーのためにトリプル=ゼロを復活させた。その後、トリプル=ゼロは同時に起動されたブラストメクBT-1と共にヴェイダーやアフラに仕えることになった。

表記

邦訳作品では000トリプルゼロと表記されている。

参考資料

脚注