FANDOM


「ご紹介します、こちらはカミーノのラマ・スー首相」
オビ=ワン・ケノービに対し、トーン・ウィー[出典]

首相(Prime Minister)は銀河系各地の惑星政府で使用されていた首長の称号。分離主義危機クローン戦争の時代、カミーノではラマ・スーが首相を務め、ティポカ・シティで政府を統治した。惑星マンダロアの首相を務めるアルメクサティーン・クライズ女公爵に仕え、クライズが失脚した後はシス卿ダース・モールの家臣となった。

登場エピソード

参考資料

他言語版