FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
OtohGunga CVD

静水バブル

静水バブル[1](Hydrostatic bubble)はグンガンの水中都市、オータ・グンガなどで使われた生体工学技術。

構成

成長する水中都市

ナブーの先住エイリアン種グンガンは、自然に敬意を払い、先祖伝来の秘伝のテクノロジーを用いて、有機体を加工した水中都市を建造した。それらは小さな集落から、オータ・グンガのような巨大な都市までまちまちであるが、共通して、自然素材が用いられている。その形成過程の詳細はいまだ解明されていないが、各バブルは有機物の殻を、自然発生するプラズマを利用して、居住可能な浮遊バブルに変えている事は知られている。

バブルのメンテナンス

プラズマ・エネルギーがカーノード結節集合体を通って、フィールドを放出する働きのウタノード結節集合体に伝えることでバブルを支える静水フィールドが形成される。プラズマは基底部カウンターフェーズ集合体によって、フィールド発生装置にフィードバックし、部分的に再充電される。

相互リンク

多数のバブルは巨大なロカップから創られた枝で繫がっており、レッド・グリーと呼ばれる単細胞の藻に廃棄物を与えることで、内部の空気や水を浄化した。

出入口

この気泡型の膜は通常、水中都市に水が入るのを防ぐ役割をしている。膜の一部に一定の改造が施されたカノード結合体を使えば、内部と外部の水圧を同じレベルに統制する事が出来、都市の外部や半浸水状態のボンゴ艦艇待避所からの来訪者を、都市を水没させることなしに内部に通す事が出来た。

ジャー・ジャー・ビンクスオータ・グンガにあった動物園を囲っていた静水バブル装置を切って動物を放ってしまい、罰を受けたことがある。

登場

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki