FANDOM


「平和な銀河同盟は、平和な銀河の最も強力な柱だ」
ルーク・スカイウォーカー[出典]

銀河連合自由同盟[1]Galactic Federation of Free Alliances)、別名連邦銀河共和国Federal Galactic Republic)は、銀河同盟という呼び名で一般的に知られていた新共和国の後継政府である。銀河系既知領域の大部分を支配していた銀河同盟は、銀河帝国以来となる大規模国家だった。40 ABYから41 ABYまでの短期間、銀河同盟ではダース・カイダスによる独裁政治が行われ、一時的にニュー・オーダーNew Order)と呼ばれていたことがあった。これ以前の時期はオールド・オーダーOld Order)と呼ばれた。

ユージャン・ヴォング戦争のさなかに設立された銀河同盟は、この戦争に勝利した後、ダーク・ネスト危機キリック戦争第二次銀河内戦といった数々の危機を乗り越えた。フェル帝国の誕生によって銀河帝国が再建された後、しばらくは相対的に平和な時代が続いたが、127 ABYシス=帝国戦争勃発した。銀河同盟はこの戦争に敗北し、帝国に降伏し、銀河系の覇権を譲渡した。その後、ガー・スタージ提督率いる銀河同盟残存勢力が、帝国に対してレジスタンス運動を展開した。第二次帝国内戦と呼ばれる紛争が終わった後、銀河同盟残存勢力と亡命帝国ニュー・ジェダイ・オーダーが団結し、銀河同盟三頭政治が形成された。

制作の舞台裏

銀河連合自由同盟を略した頭文字、GFFAは、スター・ウォーズ・シリーズの冒頭に登場する一文「はるかかなたの銀河系で」(Galaxy Far, Far Away)の頭文字と一致する。

参考文献

脚注

  1. 訳語は小説『キリック戦争』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。