Fandom

Wookieepedia

銀河帝国

< 銀河帝国

9,032このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
正史版の内容はこちらをクリック。  レジェンズ版の内容を紹介しています。 
類似した名称の記事は帝国(曖昧さ回避)を参照
「われわれの帝国は、多数により運営される!新しい憲法を持つ!政治家ではなく、法により治められる帝国だ!正しい社会を守ることに献身する帝国だ。安全で、安定した社会を!この帝国は、一万年もつづくだろう!」
パルパティーン[出典]

銀河帝国[1](Galactic Empire)は19 BBY銀河共和国最高議長パルパティーンが建国した銀河系規模の独裁主義国家である。同時にシスの支配を銀河に至らせた国家でもある。ニュー・オーダー旧帝国第一次銀河帝国パルパティーンのニュー・オーダー帝政、あるいは単に帝国としても知られた。

クローン戦争による銀河の荒廃、そして政治的混乱により、2万5千年以上続いた銀河共和国統治は終焉する。大戦の終盤に惑星ウータパウグリーヴァス将軍が死んだあと、共和国に反旗を翻していた独立星系連合指導者たちは、ムスタファーダース・ヴェイダーによって一掃された。ジェダイ・オーダー粛清開始し宿敵を退けたパルパティーンは、ニュー・オーダー宣言をもって銀河共和国を“初の銀河帝国”に再編し、自ら銀河皇帝の位に就いた。

歴史

起源

「われわれが常にともに立つことを確かにするために、常にひとつの声、ひとつの行為を、ひとつの手で行うことを確かにするためには、共和国は変わらねばならん。“進化”する、“成長”する必要がある。実質的には、われわれは帝国となった。それにふさわしく、名前も変えるべきだろう。われわれは銀河帝国の創設者だ!」
―パルパティーン[出典]

銀河帝国は、惑星ナブー選出の銀河共和国元老院議員パルパティーンにより建国された専制君主国家である。シスの暗黒卿ダース・シディアスという裏の顔も持つパルパティーンは、32 BBYヌート・ガンレイを利用し、トレード・フェデレーションナブーの封鎖を行わせる。ナブーのクイーンパドメ・アミダラは、有効な対策を打ち出せなかった銀河元老院最高議長フィニス・ヴァローラムの“不信任案”を(パルパティーンの計画通り)提出する。ヴァローラムが議長の椅子を追われた後、パルパティーンが代わってその位に就いたのだ。オビ=ワン・ケノービ弟子であるダース・モールを殺害されたため、パルパティーンは後釜にジェダイドゥークーを選ぶ。セレノー貴族出身で力も財もあるドゥークーはうってつけだったのだ。ドゥークーはトレード・フェデレーションやそのほかの強力な企業と手を結び独立星系連合を設立し、分離主義運動を起こして共和国に揺さぶりをかけた。思惑通り多くの星系や勢力が分離主義勢力に荷担していく。パルパティーンがこの連合を組織させた背景のひとつに、共和国が軍隊設立法案を可決し、共和国軍を、そしてクローン・トルーパーの使用に踏み切らなければいけない状況を作る、というものがあった。

84PalpatineSpeechFinal.jpg

パルパティーンの演説

元老院議長としてのパルパティーンは、非常に有能な指導者だった。クローン戦争において、彼は非常時大権を手にするなど、その地位を次第に強大で強固なものにしていく。やがて銀河元老院はかつての権限を失い、パルパティーンが自分の法案をただ可決させるための手続きの場と化す。19 BBYジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーはパルパティーンがシス卿であることを知る。スカイウォーカーの報告を受けたジェダイ・マスターメイス・ウィンドゥは3人のジェダイを引き連れてパルパティーンのオフィスへ訪れた。パルパティーンは追い詰められたが、メイスを阻んだのはスカイウォーカーだった。彼の助力を得たパルパティーンはメイスを殺し、スカイウォーカーにダース・ヴェイダーというシスの名を与え、新しい弟子とした。パルパティーンはヴェイダーに独立星系連合の幹部を殺させ、ジェダイの粛清を実行させた。パルパティーン自身は元老院でニュー・オーダー宣言を行い、クローン戦争の終結と共に新しい政府を誕生させた。そして彼は銀河皇帝の座に就いた。

多くの銀河市民は新しく誕生した帝国のニュー・オーダーを支持した。パルパティーンの帝国樹立の演説が万雷の拍手で受け入れられたように、元老院の議員も例外ではなかった。帝国のやり方を見守る議員もいたが、多くは帝国を支持した。そもそもパルパティーンの指導者としての地位は大戦中に築かれており、大戦後の状況はパルパティーンにとっての邪魔者が取り除かれていたに過ぎなかったのだ。よって、銀河共和国から銀河帝国への変遷は速やかに実行された。

少数派だったものの、帝国を支持しなかった元老院議員の中にはこの新しい方が気に食わない者たちもいた。ベイル・プレスター・オーガナモン・モスマといった議員たちは、帝国樹立前に2000人の請願書をパルパティーンに提出していた。オーガナやモスマは帝国を離れた後、共和国再建のための同盟、通称反乱同盟軍設立へと動いていく。

帝国化

Blue Glass Arrow.svg 詳細は帝国化を参照
「この僕が平和と自由を、正義と安全を、新しい帝国にもたらした!」
ダース・ヴェイダー[出典]

帝国の誕生により、旧共和国の全ての機関は解体されるか、見分けのつかないような再編成が行われた。皇帝を称えるべく、全てのものに“帝国”という名前を付ける作業が行われた。一晩のうちに、コルサント宙域インペリアル・セクターとなり、コルサントはインペリアル・センターと呼ばれることになった。ギャラクティック・シティはインペリアル・シティに、銀河元老院は帝国元老院に名を変えられた。共和国グランド・アーミー帝国地上軍(共和国軍の大部分を占めていたクローン・トルーパーは主にストームトルーパー部隊として再編成されていた)となり、共和国宇宙軍帝国宇宙軍になった。かつての元老院情報部部長アーマンド・アイサードは、共和国の4つの弱体化した情報部をひとつにまとめた、帝国情報部のトップの座に就いた。共和国宮殿は再建・拡大され、インペリアル・センターのその他の建物に影を落とすほど巨大な、皇帝の住居になった。かつての共和国保護委員会(COMPOR)はニュー・オーダー保護委員会(COMPNOR)と名を変えた。たった数日のうちに、共和国の名残となるものはほとんどすべて失われた。

帝国誕生から数年間のうちに、銀河は史上最大の軍事増強を経験することになった。帝国の個々の宙域と領域をより効率的に支配するためにモフ評議会が設立される。パルパティーンの政治運営方針に対する民衆の支持は高かった。

暗黒時代

「ジェダイは容赦しない。最後のひとりまで滅ぼさなければ、果てしない内乱になる」
―パルパティーン[出典]
SidEmp.jpg

銀河系の統治者パルパティーン

段取りを進める中、パルパティーンは敵対者(主にパルパティーンに誘惑されなかった旧共和国の官僚たち)を抹殺していくことで、自身の権力を強化した。パルパティーンによる帝国宇宙軍の最初の粛清は、帝国の統治開始からちょうど2間のうちに発生する。

皇帝は尊敬を集めたカーマシの民衆をニュー・オーダーの敵とみなし、彼らの故郷の星カーマスの破壊を命じた。ボサンの潜入者グループがカーマスのシールド発生装置の破壊工作に関与し、帝国の軌道爆撃に対して惑星を無力な状態にした。かつては美しかったカーマシの故郷は攻撃で破壊され、毒物で汚染された荒れ地の星と化してしまった。平和主義のカーマシは銀河系各地へと散らばった。18 BBY、皇帝は惑星ベルサヴィスのジェダイの隠れ家を破壊するため、小惑星規模の巨大な超兵器、<アイ・オブ・パルパティーン>を建造した。しかし、この危険な超兵器はふたりのジェダイ・ナイトによって破壊され、ベルサヴィスのジェダイも何とか脱出に成功した。

同時期、サーン宙域ゴーマンで銀河帝国の虐政に抗議の声を上げた集団がいた。平和主義の抗議者たちは、帝国のウィルハフ・ターキンの旗艦の着床パッドの上に団結し、着陸を妨害してそこから動こうとしなかった。パルパティーンからそれとなく仄めかされたターキンは、抗議者が集まる着床パッドに無理やり着陸を行い、多くの人々を殺し、怪我をさせた。この事件はゴーマンの大虐殺として知られるようになる。共和国再建のための同盟はこの事件の後に設立された。

パルパティーンの体制に反逆したジェダイも多くいた。オーダー66を生き延びたオリー・スターストーンローン・シュラインたちジェダイの一団は、ジェダイ評議会を再建を試みたが、実現できなかった。彼らは他のジェダイの生存者を探して惑星キャッシークに赴いたが、帝国がこの惑星の大規模な征服を開始した。ローン・シュラインと数名のジェダイがダース・ヴェイダーに殺され、オリー・スターストーン他数名は命からがら逃げだした。チューバッカという名のウーキーも、家族を探すため彼らと共に都市を脱出した。一方、フェラス・オリンは友人のジェダイ・マスター、ソレスとともにベラッサでの反体制運動を含む、帝国が制御する惑星での騒動を引き起こした。彼らジェダイはコルサントの破壊されたジェダイ・テンプルに潜入し、ナブーの帝国駐在軍の武器軍需品センターを破壊した。また、ケッセルではマスター・ツイ・チョイやジェダイ・ナイト・バルター・スワンたちがダース・ヴェイダーをおびき寄せて殺そうとわなを仕掛けた。しかし彼女たちのお粗末な作戦は失敗に終わり、ヴェイダーはスーツにわずかに損傷を負うものの、そこいにたジェダイ全員を殺した。

1 BBYトラチタによってリードされた裏切り者の帝国将校のグループは、クーデターを画策して皇帝とダース・ヴェイダーの命を狙った。トラチタはシスが愚かで古臭いものと考え、帝国がふたりのカルト信者によって統治されてはならないと思っていた。彼らは、彼らに忠実なストームトルーパーの一団を使ってシス卿を倒すつもりでいた。しかしトラチタたちの策略は、共謀者の間での内部抗争によって失敗に終わった。

レジスタンス

Blue Glass Arrow.svg 詳細は銀河内戦を参照
「おれは何もできないよ!仕事があるんだ。帝国が好きなわけじゃないけど……大嫌いだけどね!でも、今は何もできない。オルデランだなんて、いくらなんでも遠すぎる」
オビ=ワン・ケノービに対し、ルーク・スカイウォーカー[出典]

帝国の本性が明らかになった後、最も影響力のある議員であるオルデランベイル・オーガナコレリアガーム・ベル・イブリスシャンドリラモン・モスマらは、他のメンバーとともに帝国に対する大きな反乱活動を開始した。姿を隠している反体制派をおびき寄せるため、皇帝とダース・ヴェイダーは、ヴェイダーの秘密のシス・アプレンティスのギャレン・マレックを使って反乱分子を集結させた。マレックがまとめた反乱分子たちは、秘密の会合を開いてコレリア条約に署名した。これにより、共和国再建のための同盟、通称反乱同盟が公式に形成された。署名メンバーは即座に逮捕されたが、フォースのライトサイドに転向したマレックが自らを犠牲にして彼らを解放した。反乱同盟はマレックの死を悼み、彼の家紋を新組織のシンボルマークに採用した。

EmpireOnBackwaterPlanet-EGTW.jpg

辺境の惑星で防衛兵器をセットアップするストームトルーパー

しかし、反乱軍の脅威に対し、皇帝パルパティーンは“力ではなく、力が生み出す恐怖で支配する”というターキン・ドクトリンを支持することで応えた。むしろパルパティーンは、銀河系から共和国の最後の名残を一掃し、銀河の支配力を強めるための正当な理由付けを得られるという点で、反乱同盟の形成を歓迎していた。ヤヴィンの戦いの前、パルパティーンは非常事態宣言を出して帝国元老院を解散した。こうして、共和国の価値観と理想を代表した最後の機関もなくなったのである。

ターキン・ドクトリンの実行素材のひとつに、強力なスーパーレーザーを1発発射するだけでやすやすと惑星を破壊することが出来る衛星大の宇宙ステーション初代デス・スターがあった。従来の攻撃ならどんなものでも防護することが出来る惑星規模偏向シールドを備えていた多くの星も、この強力な超兵器から逃れることはできなかった。しかしデス・スターは、宇宙を舞台とした反乱同盟にとっての最初の大勝利、ヤヴィンの戦いで破壊された。このとき、パルパティーンと帝国は反乱軍が本気で取り組まなければならない大きな脅威であると悟った。デス・スター破壊は帝国にとっての大打撃だったのである。

超兵器の破壊の後、反乱同盟はようやく彼らの地盤を得ることが出来た。彼らは帝国の領域に攻撃を仕掛け、帝国に対する市民の怒りを駆り立てて、反乱軍への参加者を募った。また、反乱軍はハン・ソロランド・カルリジアン、のちにジェダイとなるルーク・スカイウォーカーなど、有名なリーダーや英雄を輩出した。ホスの戦い第2デス・スター建造など、反乱軍に対する多くの軍事活動で有利な立場に立った帝国だったが、反乱軍が放つ大きな流れを止めることは出来ず、銀河での帝国の支配力も弱まっていっているようだった。その結果、銀河内戦のクライマックス、エンドアの戦いで帝国は銀河から取り除かれた(少なくとも反乱軍はそう考えた)のである。

崩壊と内戦

Blue Glass Arrow.svg 詳細は帝国内戦を参照

しかし、たった一度の敗北で完全に壊滅させるには、帝国はあまりに大きかった。その後の十年間、反乱同盟(自由惑星同盟と名を変え、のちに新共和国となった)は銀河系をかつての帝国軍、あるいは帝国の大将軍たちやスローンイセイン・アイアードから奪回するための戦いを続けた。

4 ABYに皇帝パルパティーンが殺される前、帝国分裂の兆しはゆっくりと表れ始めていた。モフカラストの侵攻が最初の事件だった。その後、フリーランスの兵器ディーラー、ハーコヴ提督が関係するより深刻な事件が発生し、最終的にはデミトリウス・ザーリン大提督による大規模な帝国の内紛が勃発することになる。ザーリンが皇帝パルパティーンに対するクーデターを試みたとき事態は深刻になった。彼は旗艦からシス卿を誘拐することに奇跡的に成功したが、この策略はスローン提督によって挫かれた。

エンドアの戦いにおける帝国の大敗の後、最高大臣セイト・ペスタージュが帝国の実権を握った。しかし、皇帝パルパティーンとダース・ヴェイダーが帝国をまとめるために使っていた、カリスマやフォース・パワー、恐怖がペスタージュには欠如していた。ブリッツァー・ハースクは自身の小規模な帝国をつくり大将軍を自称した最初の帝国軍人だったが、彼が最後というわけではなかった。例を挙げると、トルーテン・テラドク提督、ズンジ提督、サンダー・デルヴァードス将軍などが続いて台頭していったのである。

セイト・ペスタージュは、帝国ルーリング・カウンシルによって追放されるまでのたった6か月間、帝国の実権を握っていたにすぎなかった。そして帝国ルーリング・カウンシルは、帝国情報部の部長イセイン・アイサードの操作によって動いていた。そしてアイサードによる残忍な処刑により、カウンシルの帝国支配も終わることになった。

イセイン・アイサードは何とか帝国をまとめ、トライオキュラスカダーンの偽物、攻撃的な大将軍たちの流れを止めた。彼等もまた帝国の支配を宣言し、インペリアル・センターの実権を失うまでの2年の統治を行った。帝国に対する影響力を失い始めたとき、イセイン・アイサードは科学者にエイリアンだけに感染する生物兵器を開発させ、のちにコルサントにそれを放った。ローグ中隊指揮する反乱軍がコルサントを攻撃したとき、彼らはアイサードのウイルスによって新政府への打撃を与えられた。しかしコルサントを失ったことで帝国はさらに崩れていき、今度はズンジ大将軍が銀河の最大の脅威として台頭した。アイサードは死を逃れるために彼女の小さな王国へと逃げていった。

帝国の残党は、新共和国と初めて同じ側に立って戦うことになった。どちらの政府も、ズンジ大将軍を最大の脅威と見做していたのである。ズンジは両政府からの圧力を受けるが、テレン・ログリス提督とハン・ソロ将軍が協力して戦って初めて、ズンジを倒すことが出来た。

ズンジに対抗するための帝国との一時的な同盟関係も終わり、新共和国はズンジの領域の一部で新しい戦いに臨むことになった。新共和国は多くの戦いで勝利を収め、惑星クワットの主要造船施設から彼らを追い払うことによって、さらに大きな打撃を与えることに成功した。

Editicon.png このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

帝国の再起

Blue Glass Arrow.svg 詳細はスローン軍事活動を参照

パルパティーンの再登場

インペリアル・レムナント

銀河内戦後

復活

Fel Real 2.JPG

皇帝ローン・フェル

ユージャン・ヴォング戦争終結後、インペリアル・レムナントは銀河同盟へと加わった。ユージャン・ヴォングの侵略後に銀河系を飲み込んだ混沌の戦いから逃れようと、多くの星系はむしろ平和的に帝国に加わることを望んだ。レムナントは、平和条約の際に手に入れた8つの宙域からはるかに拡大していた。41 ABY第二次銀河内戦紛争の中で、ルーク・スカイウォーカーはモフたちにジャグド・フェルをレムナントの国家元首として認めさせた。その後、フェルは皇帝の階級を復活させる。彼の支配する王朝のもと、44 ABYから130 ABYの間に、帝国はより多くの領域を獲得し、銀河の端で影響力を強めていった。その要因のひとつに、帝国伝道団の成功があった。

このころ、銀河同盟はユージャン・ヴォングの技術を利用してテラフォーミングを行うオッサス計画を開始していた。最初の試みは成功を収めたものの、ワン・シスによる妨害工作によって惑星の住民の皮膚にユージャン・ヴォングの植物が現れ始め、計画は大失敗に終わった。

強大な力を持つようになっていたインペリアル・レムナントは、銀河同盟の失態に怒り、モフ評議会の強い後押しでアナクセス協定に訴え、同盟に宣戦布告した。結果的に、レムナントはコルサントの制御を奪って銀河系の大部分を支配することになった。彼らは再び銀河帝国として返り咲いたのである。しかし、皇帝ローン・フェルはワン・シスと手を組む過ちを犯していた。ワン・シスのリーダー、ダース・クレイトは皇帝に対するクーデーターを起こし、自らの帝国の皇帝を自称した。しかし、多くの帝国軍人は依然フェルに対して忠実なままだった。

それから7年後、フェルに忠実な帝国はシスの帝国を倒すために銀河同盟残存勢力と手を結ぶ決断をした。その1年後、彼らはシスに勝利し、戦争を集結させた。その後銀河同盟三頭政治が形成され、新しい銀河政府となった。わずかなシスはコルサントを逃れることに成功し、銀河系各地の政府への潜入を開始した。

政府と政治体制

Editicon.png このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

銀河帝国は最高司令官としてのダース・ヴェイダーや最高大臣セイト・ペスタージュらと共に、皇帝パルパティーンの絶対的な権力の元に統治された。帝国は独裁主義であり、言論の自由はほぼなく、無いのも同然だった。また、反抗するものは厳しく罰せられた。プロパガンダは得意中の得意で、強力なISB(帝国公安局)をはじめとする機関がパルパティーンの恐怖政治を憂いなくした。逮捕された容疑者は尋問を受ける際に監禁を受けた。

銀河帝国による統治は銀河共和国と比べて分散的だった。星系宙域に仲間分けされ、宙域はオーバーセクターへと仲間分けされた。こうした領域は異なる領域で訓練を積んできたモフグランドモフによって統治された。この方式は、宙域の管理にそれぞれの代表者である元老院議員を使っていた共和国と比べて対照的といえた。当時、帝国の領域は恐怖によって支配されていた。

社会と文化

銀河帝国の文化は禁欲的で、ミニマリスト的だった。この美学は、COMPNORの機関のひとつ、進歩のための連合によって銀河系各地で促進された。

芸術とメディア

銀河帝国における芸術とメディアの役割は、国民に対する教訓的なものだった。文化的な表現は、ニュー・オーダーのイデオロギーを教え込むための道具として利用された。帝国はその短い治世の中で、おもに軍事的優位性に気を取られていたため、芸術文化に対して特に残忍というわけではなかった。しかし、ニュー・オーダーによるプレッシャーは帝国期の芸術に跡を残していた。帝国に抗議するため暗く陰鬱な交響曲を作曲した若き音楽家、ボーナのように、反帝国主義のアーティストたちは反乱同盟のシンパとして処刑された。

帝国のプロパガンダを放送する方針は、帝国宣伝省帝国宣伝局プロパガンダ普及課によって管理されていた。ホロネット・ニュースの後継者である帝国ホロヴィジョンは銀河規模のニュースとエンターテイメントのプロバイダーを主導し、帝国賛同姿勢を取ったため、帝国の最も強力な宣伝ツールとなっていた。全ての帝国のメディアは、帝国文化省によって確認、評価、検閲されていた。

ホロドラマはもうひとつの政治的な事件の発生現場だった。両親の反対を押し切りニュー・オーダーを熱心に指示する少年のヒロイズムを描写した『勝利か死か』や、皇帝パルパティーンを慈悲深い救世主、エンドアの戦いの英雄として描いた『エンドアの犠牲者』などのように、帝国の多くのホロ映画はニュー・オーダーを称賛し、露骨にプロパガンダ的であった。

帝国の最も有名なプロパガンダ音楽バンドはエンペラーズ・ニュー・クローズであり、帝国文化省によって支持されていた。このバンドに反対していた反帝国主義のレッド・シフト・リミットの全てのアルバムは、帝国当局によって取り締まられていた。銀河帝国の最高のオーケストラは、帝国交響楽団である。

帝国の公式スポーツはウェグスフィアだった。この競争ゲームはSAGRecによってつくり出され、彼らのもっとも大きな成功とも考えられていた。ウェグスフィアは当初、COMPNORメンバーのためのスポーツ活動として普及していったが、やがて銀河系で驚くほどの人気を獲得するようになり、何千という惑星に広まっていった。おそらくロイヤル・ショックボール・チームは、帝国の公式ショックボール・チームだった。

宗教

銀河帝国のもとでは反ジェダイ主義が政策とされており、国民はフォースに対して関心を示さないよう促されていた。しかしジェダイだけが国民を苦しめる要因ではなかった。ジェダイ以外の、全てのフォース=センシティブが帝国の標的となった。ニュー・オーダーが反ジェダイ主義を取りながらも、皇帝パルパティーンとダース・ヴェイダーがフォース・ユーザーであることに、帝国の多くの人物は気づいていたが、ふたりがシスであることを知っていたのはごくわずかだった。パルパティーンとヴェイダー以外にも、ダイヤー大佐など何人かの帝国将校はフォース=センシティブ能力を持っていた。大提督のニアル・デクランも、パルパティーンのための特別な目的を遂行するためフォースを使う訓練を秘密裏に受けていた。

種族政策

Editicon.png このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

軍事

Blue Glass Arrow.svg 詳細は帝国軍を参照
ImperialMilitary-BF.jpg

帝国軍兵士とビークル

パルパティーン最高議長は、クローン戦争のときのような強大な軍事力を新しい帝国に期待していたが、それはうまくいかなかった。共和国軍は、それをリードしていた数人の伝説的なジェダイの存在によって大いに強化されていたことにパルパティーンは気づかなかったのである。そのため、新生帝国軍の当初の戦いは、ダース・ヴェイダーの指揮がなくては期待していた半分ほどしか活躍できなかった。

銀河帝国の軍隊は帝国軍だった。帝国軍は主に帝国地上軍帝国宇宙軍によって構成され、軍事作戦を銀河各地で実行し、数多くの帝国の惑星、政府、植民地、保護領で秩序を維持する役割を果たしていた。皇帝のニュー・オーダーは恐怖に基づいていたため、帝国軍は帝国の政府にとってとても重要な役目を担う存在だった。しかし、帝国艦隊にはいくらか不服従なところがあり、コルサントの政府と艦隊の帝国の間には当時緊張感があった。そのために軍隊に対する番人的役目を果たす政治役員を派遣する帝国保安局が設立されることになった。

帝国の初期、ほとんどのストームトルーパーはクローン戦争で活躍したクローンだった。しかし、のちには徴兵された人間が軍に加わった。人間の新兵たちは主にカリダで訓練され、帝国の最も厳格なトレーニングを受けることになった。スローン大提督が支配した時期、再びクローンのストームトルーパーが採用され、その数を増大させていた。

領域

銀河帝国の領域は、その最盛期、150万の加盟および征服惑星によって構成され、6900万もの植民地、保護領および傀儡政府が銀河系各地に散らばっていた。それはディープ・コアの境界から、少なくともワイルド・スペースにまで至っていた。皇帝パルパティーンは未知領域にも帝国の統治を及ぼすため、スローン大提督を任務に派遣していた。スローンは惑星ニラーンの要塞に基地を建て、銀河系の未知領域に帝国の支配をもたらし、ハンド帝国を作り上げた。

もともと銀河系の首都惑星の名前はコルサントだったが、銀河帝国においてそれはインペリアル・センターと名前を変えられた。帝国政府の外部でこの名前を使うものはごくわずかであり、新共和国によって惑星が奪回された後、ふたたび“コルサント”の名前が使われるようになった。

エンドアの戦いの後、銀河系の多くの領域が帝国の占拠から逃れ、新共和国のメンバーになった。そして6,5 ABY、帝国はかろうじてかつての領域の50パーセントを支配していた。ただし、帝国の大将軍が失われた領域を支配していたため、相対的に新共和国はまだ小さな国家だった。コルサント陥落当時、ズンジ大将軍は帝国の旧領域のほぼ3分の1を支配していた。

9 ABY、スローン大提督が指揮した軍事行動により、帝国は銀河領域の4分の1を獲得した。このチスの大提督のもと、帝国の領域は1年足らずのうちにほぼ2倍になり、新共和国はほとんど追いつめられた状態になっていた。しかしスローンの死後、帝国はこれらの領域を強化する余裕がほとんどなかった。結局、帝国は勢いを取り戻した新共和国に領域を奪われることになった。

シャドウ・ハンド作戦の間、パルパティーンは大将軍と主流の軍隊をひとまとめにし、銀河系の大半を手中に収めた。皇帝の死後、新共和国は驚くべき速さで領域を取り返し、帝国の残存勢力はディープ・コアへと逃げていった。スローンと復活した皇帝が引き起こした戦いで新共和国は弱体化し、帝国の大将軍とモフは銀河系の3分の1の領域で要塞惑星を強化した。

ダーラによる帝国再統一とインペリアル・レムナント設立の後、帝国艦隊は離脱した大将軍の領土、ペンタスター連合の残党を併合した。それから彼らはコアに向けて新共和国にプレッシャーをかけた。その後、ダーラはディープ・コアからコア・ワールドへの2度目の攻撃を指揮した。しかし19 ABY、ギラッド・ペレオン指揮下の帝国において、領域はたった8つの宙域にまで減っていた。

登場作品

参考資料

脚注

  1. 表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

関連項目

外部リンク

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki