FANDOM


正史版の内容を紹介しています。  レジェンズ版の内容はこちらをクリック。 
「銀河の安全と安定を恒久的に維持していくために、共和国は解体・再編され、新しく第1銀河帝国が誕生する! より安全で安定した共同体に変わるのだ!」
―ダース・シディアス[出典]

銀河帝国(Galactic Empire)はクローン戦争が終結した際に銀河共和国に代わって誕生した銀河系政府である。ニュー・オーダー(New Order)、第1銀河帝国(First Galactic Empire)、オーダー、あるいは単に帝国と呼ばれることもあった。シスの暗黒卿ダース・シディアスが帝国の創始者かつ支配者で、表向きには「皇帝パルパティーン」として知られていた。銀河帝国には創設以来20近くに渡って帝国元老院という立法府が存在したが、ヤヴィンの戦いの直前に皇帝によって解体された。帝国時代、無数の星系が国家の支配下に置かれ、急速な成長を遂げた帝国地上軍及び宇宙軍が反乱分子を無慈悲に鎮圧した。帝国のイデオロギーはニュー・オーダーと呼ばれ、ニュー・オーダー保護委員会やその下部組織帝国保安局によって施行・監視されていた。また、帝国は共和国の守護者だったジェダイ・オーダーを事実上の壊滅状態に追い込み、コルサントジェダイ・テンプルをインペリアル・パレスと改名した。

銀河帝国は20年近くのあいだ大規模な反乱運動と直面することなく安定を保っていた。しかし、皇帝の専制政治に不満を持つ者たちが反乱分子のネットワークを形成し、やがて共和国再建のための同盟(反乱同盟)が誕生した。銀河内戦中、帝国は惑星破壊超兵器デス・スターを完成させたが、ヤヴィンの戦いで反乱軍パイロットルーク・スカイウォーカーに破壊されてしまった。帝国は銀河系各地で反乱同盟軍を追いまわしたが、エンドアの戦いで大敗を喫し、ダース・シディアスと第2デス・スター、皇帝の右腕を務めるダース・ヴェイダーを失った。その後、帝国は急速に崩れ始め、反乱同盟は新共和国を形成してコア・ワールドへと進撃した。ジャクーの戦いの敗北が決定打となり、帝国は銀河協定への署名を強いられ、戦争に降伏することになった。

銀河協定締結後、帝国は戦争能力をほとんど失い、新共和国の属州同然の状態に落ちぶれた。降伏を拒否した帝国の指導者たちは、帝国の重要機密を携えて未知領域へと姿を消した。新共和国の監視の目を逃れた帝国の残党は、ファースト・オーダーと呼ばれる新国家を形成した。この頃、過去の存在となった銀河帝国は一般的に旧帝国(Old Empire)と呼ばれるようになっていた。旧帝国の思想を受け継いだファースト・オーダーは、銀河協定締結の数十年後に新しい戦争を開始した。

前史

「良い報せです、閣下。戦争が始まりました」
「素晴らしい。全て計画通りに運んでおる」
―ドゥークー伯爵とダース・シディアス[出典]
PalpatineSWE.png

帝国の創設者にしてシスの暗黒卿、ダース・シディアス

銀河帝国の創設以前、少なくとも1,000標準年以上に渡り、銀河共和国銀河系の主要統治国家として機能していた。共和国は民主主義政府で、銀河元老院最高議長は選挙によって選ばれていた。

共和国時代末期、銀河元老院には官僚主義がはびこり、私利私欲をむき出しにした元老院議員たちによって身動きが取れなくなっていた。シスの暗黒卿ダース・シディアスはかつてないほど衰退した共和国の現状を嘆き、自らその支配権を握ろうと画策した。シディアスは正体を隠して共和国の政界に潜り込み、惑星ナブー選出の“シーヴ・パルパティーン元老院議員”として活動した。

共和国解体の30年ほど前、ダース・シディアスの息がかかったトレード・フェデレーションが惑星ナブーを侵略した。シディアスの思惑通り、ナブーのパドメ・アミダラ女王は事件に対して効果的な対策を講じることができないフィニス・ヴァローラム共和国議長に不信任案を提出した。ヴァローラムが役職を解かれた後、新たな最高議長に選出されたのはナブーの“パルパティーン”だった。

共和国の指導者の地位を手に入れた後、ダース・シディアスは10年に渡って銀河情勢を影から操り、大規模な戦争を引き起こすため着実に準備を進めた。シスが支配する新国家創設に向け、シディアスは戦争を利用してさらに強大な権力を手に入れ、ライバルであるジェダイ・オーダーを排除する必要があったのである。彼はジェダイ・マスターサイフォ=ディアスのプロジェクトを利用し、惑星カミーノクローン軍団を製造させた。シディアスのシス・アプレンティスであるドゥークー伯爵(ダース・ティラナス)は、マスターのために分離主義危機を扇動した。ドゥークー率いる独立星系連合と共和国との間にクローン戦争勃発すると、銀河元老院はパルパティーン議長に非常時大権を与えた。

歴史

新秩序の誕生

「自由は今死にました。万雷の拍手の中で」
パドメ・アミダラ元老院議員[出典]
Declaration.png

帝国の誕生

シーヴ・パルパティーンは人びとの支持を集めるカリスマ的な指導者として銀河共和国を率い、法律で定められている任期よりも長く最高議長のオフィスに留まった。この間、彼は銀河皇帝の座を手に入れるための準備を進め、権力強化と中央集権化を図った。クローン戦争終結間近になり、ジェダイはパルパティーン議長の正体がシスの暗黒卿ダース・シディアスであることを知った。マスター・メイス・ウィンドゥ率いる数名のジェダイが議長の逮捕を試みたが失敗に終わり、返り討ちに遭って命を落とした(シディアスはこの戦いで負傷し、醜い外見になった)。また、シディアスはかねてから目を付けていた若きジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーフォースのダークサイドに転向させ、コルサントの戦いで命を落としたドゥークー伯爵に代わる新しい弟子にした。ジェダイの予言にある「選ばれし者」とされていたスカイウォーカーは、シディアスからダース・ヴェダーという新しい名前を与えられた。

ウィンドゥらによる襲撃を口実に、シディアスは「ジェダイの反乱」が起きたと主張し、共和国グランド・アーミークローン兵士にオーダー66の実行を命じた。製造段階で脳に行動抑制チップを埋め込まれていたクローン・トルーパーは、ためらうことなくジェダイの将軍たちをその場で殺害した。ヴェイダーはジェダイ・テンプルの襲撃を命じられ、第501軍団を率いてかつての仲間たちを虐殺した。オーダー66とテンプル襲撃によってジェダイ・オーダーは一瞬で壊滅したが、ルミナーラ・アンドゥリのように初期の攻撃を生き延びた者もいた。また、ジェダイ・マスターのユヴェルは古物商のアントロン・バックに命じ、ジェダイの巻物やライトセーバーといった歴史的遺物をジオノージアンの植民衛星に隠させた。ジェダイへの奇襲を終えた後、シディアスはヴェイダーを惑星ムスタファーへ派遣し、独立星系連合の幹部たちを処刑させた。

共和国の内外の脅威を排除し終えたシディアスは、銀河元老院の演壇に立ち、当初からの目標であった改革を実行に移した。元老院議員たちの万雷の拍手の中で、いまや皇帝パルパティーンとなったシディアスは、銀河の安全と保安を確実にするため、共和国を銀河帝国へ再編成すると宣言した。

帝国時代の始まり

再編成と帝国化

「帝国が目指しているのは奴隷制度であり、弾圧だ。誰も見たことがないような軍事力だ」
バーチ・テラー[出典]

クローン戦争の終結に伴い、分離主義勢力ドロイド軍団は即座に停止され、連合艦隊の軍艦もビルブリンギ造船所といった銀河各地の施設で解体された。しかし、一部のドロイド・モデルや分離主義者のテクノロジーは帝国の弾圧を逃れ、闇市場に流れた。かつてトレンチ提督の指揮下にあったプロヴィデンス級ドレッドノートインヴィンシブル>も反帝国勢力の手に渡った。コーポレート・セクター等の領域では、帝国時代が始まった後も分離主義者の時代のテクノロジーが現役で使用されていた。分離主義者の抵抗勢力はクローン戦争後も銀河政府との戦いをつづけ、クローン戦争から4年が経った頃も残党狩りが続いていた。首都惑星コルサント下層レベルでは、再利用されたバトル・ドロイドから成る犯罪集団、ドロイド・ゴトラが活動を続けていた。

Uprising LoadingScreen Item Stormtrooper Crop.png

新設された帝国軍

ニュー・オーダー(新秩序)体制が始まると、旧政府の機関は再編・改名された。共和国グランド・アーミーは帝国地上軍へ再編され、共和国宇宙軍帝国宇宙軍に、銀河元老院は帝国元老院として生まれ変わった。元老院広場はインペリアル広場と呼ばれるようになり、皇帝パルパティーンの巨大な像が建てられた。共和国のシンボルマークに代わって登場した帝国紋章は、パルパティーンの帝国の各地で使用された。クローン戦争のために創設された軍隊に助けられながら、帝国は10数年間のあいだ大規模な反乱運動に直面することなく栄華を極めた。帝国は軍事兵器の改良に着手し、クローン戦争終結から5年後には攻撃型偵察機170スターファイターアルファ3ニンバス級Vウイング・スターファイターに代わって新型のTIEモデルが登場していた。また、ガリドラーン・ステーションを始めとする共和国時代の軍事基地は帝国軍のもとで引き続き使用された。帝国軍事研究局は帝国軍の歩兵であるストームトルーパーのためにフェイズIIクローン・トルーパー・アーマーに代わる新型装甲服を開発した。

帝国はオーダー66発令に伴ってジェダイの粛清を開始し、ジェダイ・マスター・オビ=ワン・ケノービの言う「暗黒時代」が始まった。帝国の誕生から10数年が過ぎた時点で、ケノービ、グランド・マスターヨーダ、ジェダイ脱退者アソーカ・タノパダワンのケイレブ・デューム(彼は生き延びるためケイナン・ジャラスと名を変えた)をはじめとする少数のジェダイが帝国による粛清を免れていた。皇帝の弟子であるシス卿ダース・ヴェイダーはダークサイドの訓練を積んだフォース感応者の組織、「尋問官」を率いてジェダイの残党狩りを行った。ジェダイ・ハンターの尋問官たちはジェダイの討伐だけでなく、フォースの才能を備えた赤ん坊の捜索も任されていた。帝国はハーヴェスター計画と呼ばれる秘密プロジェクトも開始し、フォース能力を持つ子どもをアウター・リムの惑星アケニスにあるアカデミーの地下施設に閉じ込めた。

また、帝国は惑星を丸ごと破壊する火力を持つ巨大バトル・ステーションデス・スターの建造を行った。クローン戦争以前から分離主義者によって設計されていたデス・スターは、帝国が創設された頃には密かに建造段階に入っていた。デス・スター・プロジェクトは惑星ジオノーシスセンチネル基地等で秘密裡に進められていた。パルパティーンが“共和国の残骸”である元老院をすぐに解散しなかったのも、デス・スター完成までの時間を稼ぐためだった。皇帝はデス・スターが完成したあかつきには元老院を解散し、立法権と支配権を軍隊に移す予定だった。

初期の事件

クローン戦争終結から1年後、分離主義運動に参加した星々への見せしめにするため、帝国は衛星アンター4モフウィルハフ・ターキンを派遣した。クローン戦争末期、アンター4では共和国情報部の潜入チームによる分離主義勢力へのゲリラ作戦が展開されていた。アンター4が新政府の標的になっていることを知った情報部のバーチ・テラー大尉は、ゲリラ作戦の協力者たちが避難するまで攻撃を控えて欲しいと願い出たが、ニュー・オーダー保護委員会(COMPNOR)に却下された。ターキン率いる帝国軍は敵味方お構いなしにアンター4の住民を虐殺し、マーカナクーリヴァラクサスといった独立星系連合の星々に新政府の無慈悲さを見せつけた。COMPNORはこの事件を隠蔽しようとしたが、アノーラ・フェアハスク・タフといったジャーナリストが熱心に追及を行った結果、コルサントやコア・ワールドの住民を巻き込む長い議論が巻き起こった。COMPNORは事件の関係者を密かに始末し、皇帝はターキンを議論の場から遠ざけるためウエスタン・リーチの和平工作任務へ派遣した。その後の数年間、ターキンはコーポレート・セクタータイオン・ヘゲモニーで分離主義者の残党を追った。一方、テラー大尉はデソレーション・ステーションに配置換えとなったが、間もなく忽然と姿を消した。

帝国の覇権は銀河全域に広がり、さまざまな取り組みを効率的に進めるため政府施設の再編成が行われた。クローン戦争終結の4年後、皇帝パルパティーンは共和国期の軍事学校を帝国アカデミーに組み込む方策を話し合うため、ディファイアンス飛行研修所ペル・ベイロ司令官や、銀河共和国最後の宇宙軍作戦部長であるタラッツ中将を招いた。ヤヴィンの戦いの84年前に生まれ、皇帝よりも年配者だったベイロ司令官は、銀河系の地政学的な変容を悲観視していた。ベイロは皇帝とその弟子ダース・ヴェイダーを暗殺することで歴史の流れを変えようと企み、2人の乗る宇宙船<ディファイアンス>を惑星クリストフシスの太陽に突進するようプログラムした。宇宙軍の務めは攻撃でなく防御だと信じていたベイロは、皇帝への嫌悪を表明した。しかし、ベイロの計画に反し<ディファイアンス>は太陽から遠く離れた場所にジャンプした。前々からベイロを疑っていたヴェイダーが太陽との衝突コースを取り消し、若き女性士官レイ・スローンが打ちこんだ本来のプログラムに差し戻していたのである。皇帝の安全を確保したヴェイダーはベイロを反逆罪で処刑し、ディファイアンス(反抗)はオベディエンス(従順)という船名に改められた。

Lords of the Sith art.jpg

反乱を鎮圧するため自らライロスを訪れた皇帝とダース・ヴェイダー

暗殺計画を生き延びた皇帝パルパティーンとダース・ヴェイダーは、アウター・リムの惑星ライロス反乱を鎮圧するためインペリアル級スター・デストロイヤーペリラス>に乗り込んだ。当時ライロスでは、クローン戦争期のトワイレック・レジスタンスに起源を持つライロス解放運動が高まりを見せ、チャム・シンドゥーラ率いる自由の戦士たちがモフ・デリアン・モーズベルコール・ドレイ大佐指揮下の帝国軍と戦っていた。かつて共和国やジェダイ・マスター・メイス・ウィンドゥと協力してエマーワット・タンバーテクノ・ユニオンと戦った戦士たちは、ライロスを虐げる銀河帝国を新しい攻撃目標に定め、惑星の独立を目標に反乱を繰り広げた。チャム(彼の娘ヘラものちに反帝国運動家になった)はライロスの各地に秘密基地を設置し、宙域内で行われている帝国の軍事作戦やスパイス・奴隷貿易を妨害した。

ライロス星系に到着した<ペリラス>は、多数の機雷と改造型ドロイド・スターファイターに待ち伏せされた。皇帝が自らライロスを訪問するという情報が、トワイレックの戦士たちに漏れていたのである。スター・デストロイヤーは予期せぬ攻撃で甚大な損傷を負い、イズバル率いる戦士たちが救援部隊のふりをして艦内に潜入した。彼女たちはハイパードライブの爆破に成功し、ヴェイダーの旗艦<ペリラス>を葬り去った。モフ・モーズの知る限り、インペリアル級スター・デストロイヤーが反体制派に破壊されたのはこれが初めてだった。しかし、皇帝とヴェイダーはインペリアル・シャトルに乗って軍艦を脱出し、ライロスのジャングルに不時着していた。帝国の指導者たちはロイヤル・ガードを率いて荒野を旅することになった。

ライロス解放運動は作戦の時間を稼ぐために赤道の通信ステーションを破壊し、皇帝たちを孤立させた。内通者のドレイ大佐から情報を手に入れたライロス解放運動は、孤立したトワイレックの村で標的を発見した。その直後、ドレイはモフ・モーズに裏切りを暴かれて殺された。ライロス解放運動は内通者からの支援を失ったが、ライトセーバーを起動したヴェイダーと激しい戦いを繰り広げた。戦いが終わった後、ヴェイダーは駆け付けたストームトルーパーと共にまだ息のある戦士たちや、事件の生き証人である村人を皆殺しにした。チャム・シンドゥーラを含む数名は村から逃げ出し、再びチャンスが訪れるのを待った。

組織

政府

「コルサントは万事順調らしいですね」
「忙しくてたまらん」
「元老院が協力してくれるのでは?」
「いまは助言をくれるよりも、私に仕えている状態だ」
ウィルハフ・ターキンと皇帝シーヴ・パルパティーン[出典]
ImperialFigureheads.png

皇帝パルパティーンと、彼の右腕ダース・ヴェイダー、そして帝国軍の歩兵ストームトルーパー

皇帝パルパティーンとその弟子であるシス卿ダース・ヴェイダーは、帝国軍の高階級メンバーたちからも恐れられる存在だった。ヴェイダーはしばしば“”という称号で呼ばれ、パルパティーンと同様に恐怖の対象となっていた。多くの人びとがヴェイダーを皇帝の右腕と見なし、皇帝の遺産の後継者になるだろうと考えていた。しかし実際のところ、皇帝パルパティーンは帝国を誰かに譲るつもりはなく、ダークサイドとシスの秘術によって不死の秘密を解き明かし、永遠の命を手に入れるつもりだった(帝国はシスの秘術と科学を用いた研究、ブラックウイング計画を進めていた)。そのため、皇帝とヴェイダーが予期せぬ死を遂げた後、正統な後継者のいない帝国は崩壊を開始した。

ヤヴィンの戦いまでの19年間、皇帝、ヴェイダー、ウィルハフ・ターキンの3人は帝国の非公式のトップ3と見なされていた。ターキンは共和国のアカデミー生だった頃からパルパティーンに気に入られており、銀河帝国創設後に初代グランドモフに任命された。ターキンがヤヴィンの戦いで命を落とした後、彼の権力の大部分はカシオ・タッグに引き継がれた。大将軍に任命されたタッグは、ターキンが指揮官を務めたデス・スター計画を「道楽」と一蹴し、より着実な方法で帝国軍の発展を目指した。皇帝とダース・ヴェイダーがエンドアの戦いで死んだ後、マス・アミダ大宰相は帝国をひとつにまとめようと尽力したが、毎日のように帝国の後継者を名乗る者たちが現れた。

銀河皇帝は銀河規模の艦隊を指揮し、軍事、科学、経済的な覇権を銀河全域に行き渡らせていた。皇帝はジェダイの生き残りを恐れ、執拗に生存者の捜索を行った。皇帝はフォース感応力を持つダークサイドの達人の組織、「尋問官」を組織し、ジェダイの残党狩りを任せていた。任務の性質上、尋問官は各地の帝国軍部隊を徴発することができ、帝国軍将校に命令を下す権限を持っていた。一方でパルパティーンはフォースに頼らない最新技術の研究も進めていた。皇帝に仕える研究者サイロIVは、アウター・リムにある基地サイバネティックス技術を使ったサイボーグ戦士を育成した。皇帝は初代デス・スターや兵器廠アルファを守れなかった弟子のヴェイダーに失望しており、サイロのサイバネティックス戦士にヴェイダーの代替要員としての期待を寄せていた。

皇帝がダークサイドの研究や超自然的な計画に没頭する間も、皇帝の顧問から成る帝国統治評議会が国家の運営を監督した。ニュー・オーダーの誕生に伴い、共和国の政府機関が名前を変えて帝国のために再利用され、公共の建物もより暗い色調の角ばった建築様式に造り変えられた。例えば、旧政府のもとで共和国保護委員会(COMPOR)と呼ばれていた組織は、新たにニュー・オーダー保護委員会(COMPNOR)として生まれ変わった。COMPNORは帝国の翼賛機関で、何千という惑星の安定を保つためにプロパガンダ及び諜報活動を担当していた。帝国保安局(ISB)、帝国情報部(軍情報部)、ユビクトレートといった諜報機関がCOMPNORの監督下に置かれていた。ISBは潜在的な反帝国活動の根絶に務め、銀河社会において広範囲な情報収集能力を持つ帝国情報部と提携していた。また、帝国情報省もCOMPNORの後援を受けており、進歩のための連合部門に配属されていた。情報省の主な仕事は反帝国的なメッセージを発信するホロネット・ニュース・エージェンシーの言論を弾圧し、帝国内の広大な通信システム基盤の安全を保つことだった。また、彼らはコルサントの連邦管区レベル5127にある巨大なCOMPNORアーコロジー帝国記者団の活動に目を光らせていた。

Lead the Way poster.jpg

尋問官の指導者、大尋問官が描かれたプロパガンダ・ポスター

銀河系の大規模な情報収集活動を維持するため、帝国は帝国情報センターに民間人を登用していた。強制ではなかったが、情報センターの下級技師は作業効率向上のためにAJ^6サイボーグ・コンストラクト装置を使うことがあった。農業省ロザルを始めとする銀河各地の惑星で帝国の農務を監督した。他にも、帝国には経済省教育省気象省運輸省帝国調査団帝国採鉱研究所といった公的機関が存在した。帝国軍事研究局は帝国の軍事力促進を手助けし、広範囲にわたって使用されたストームトルーパー・アーマーIT-O尋問ユニット9D9-s54スパイ・ドロイド等を開発した。

支配領域内では捕えにくい標的を捜索するため、帝国は賞金稼ぎギルドやフリーランスの賞金稼ぎを雇うことがあった。ヤヴィンの戦いの直後、ダース・ヴェイダーは皇帝に秘密でボバ・フェットブラック・クルルサンタンを雇い、それぞれにルーク・スカイウォーカーとサイロIVの捜索を任せた。ホスの戦いの直後には、フェット、IG-88デンガー4-LOMボスクザッカスらが<ミレニアム・ファルコン>の捜索を手伝った。帝国が運営する帝国法執行機関データコアは法律施行に関する情報を銀河各地の惑星に提供し、一般市民や賞金稼ぎが低価格で利用できるようになっていた。帝国とその国益を援助する者たちには帝国平和維持活動証明書が交付された。

帝国時代、かつては銀河の公的会議場だった帝国元老院は、徐々にその地位を失っていった。独裁主義的な新政府において、共和国の民主主義的な政治方針は時代遅れになっていたのである。皇帝パルパティーンは共和国の最高議長だった頃から元老院議員たちの政治能力を蝕み、権力を中央に集中させていた。パルパティーンの支配下に置かれた元老院は、ニュー・オーダー体制のもと、法律を通過させるためだけに存在する儀礼的機関になっていた。しかし、オルデラン代表のベイルレイア・オーガナら一部の議員は、帝国が担うべき責任や行動に関して積極的に異議を唱え、帝国当局を苛立たせていた。その結果レイア・オーガナは帝国の注意を引き、議員の外交特権を利用して反乱同盟を支援しているのではないかと疑われた。帝国の推測は正しく、レイアは反乱軍が盗み出したデス・スター設計図を外交船<タンティヴIV>で運んでいるところを逮捕された。パルパティーンはこの事件を口実に利用し、帝国元老院を解散させた。元老院が消滅した後、各星系宙域はそれぞれの総督によって直接支配されるようになった。事実上、各地の自治権は、皇帝に忠実な軍事的管轄権に移行した。

外交

銀河帝国はさまざまな独立国や従属国と政治的な外交関係を維持していた。帝国は独立した自治区との関係を保ち、銀河の至る所に保護領を設立していた。フェン・ラウ率いるマンダロリアンジャーニーマン・プロテクターコンコード・ドーン星系を独自に支配していたが、銀河帝国と取り引きし、反乱分子の活動を報告する役目を与えられていた。ヤヴィンの戦いの後、ダース・ヴェイダーは皇帝の力を見せつけるため、粉々になった惑星オルデランの破片を一部の星系に届けた。帝国は戦略的資源が豊富な星系に産業的な監視をつけ、高度な保安対策を講じていた。デネトリアス・ヴィディアン男爵のような影響力の高い帝国メンバーがこうした星系に割り当てられ、生産効率の向上を監督することがあった。

軍隊

「きみも、帝国ファミリーに加わることができる。アカデミーへの応募を夢におわらせず、現実に変えよう。航行学、工学、宇宙医学、通信学など、さまざまな学問が学べる。宇宙探査、宇宙艦隊、星間交易などの仕事につけるのだ。もしきみが、宇宙むきの資質をそなえ、標準試験で合格点を取れたなら、アカデミーの校長に申込書を送り、誇り高き集団に加わろう!」
帝国アカデミーの宣伝[出典]
Bf3.jpg

エンドアで戦う帝国軍

共和国グランド・アーミーの直接の後継組織である帝国軍は、莫大な数の軍艦や兵士によって構成されていた。帝国宇宙軍の軍艦の中で最も広く世間に認知されていたインペリアル級スター・デストロイヤーは、その姿をひと目見せただけで厄介な連中を追い払うことが出来た。グランドモフ・ウィルハフ・ターキンが唱道した「ターキン・ドクトリン」に集約されている通り、力そのものではなく、力による恐怖によって統治するというのが帝国の根本的な哲学だった。この哲学は帝国の限りない資源や、テイム&バック社ボーステル社ファイロン社といった帝国支持企業によって支えられていた。クワット・ドライブ・ヤード社とその子会社であるクワット・システムズ・エンジニアリング社はニュー・オーダーのスター・デストロイヤーと恐るべき全地形対応装甲トランスポート(AT-ATウォーカー)を多数製造した。銀河系各地の紛争地帯に配備されたAT-ATは、“顎部”に装備した重レーザー砲の破壊力で恐れられていた。また、全地形対応防衛ポッド(AT-DP)を始めとする小型ウォーカー兵器は回転式軽レーザー砲を前面に搭載し、主に辺境の惑星で帝国の防衛任務に就いていた。

また、帝国は分離主義勢力の軍事的遺産をいくつか受け継いでおり、その最たるものが巨大機動性要塞デス・スターだった。デス・スターは「ターキン・ドクトリン」の象徴的存在であり、それを推進するためのシンクタンクであるターキン・イニシアチヴが情報部の先進兵器研究部門に存在していた。デス・スターは度重なる作業の遅れと妨害により、建設が完了するまで20年近くの歳月を要した。

帝国で広範囲に使用されていたE-11ブラスター・ライフルブラステック・インダストリーズ社によって製造された。アラテック・リパルサー社は“インペリアル・スピーダー・バイク”の通称で知られる614-AvAスピーダー・バイクや、614-AvAにとって代わる74-Zスピーダー・バイクを製造した。サイナー・フリート・システムズ社は帝国のTIE/ln宇宙特化型スターファイターやその変形型を多数製造した。そのうちの1種であるTIEアドバンストv1は、15回目の建国記念日に初めてお目見えした。この戦闘機はレーザー砲を搭載し、XX-23 Sスレッド追跡装置等を発射することが出来た。v1型の改良版として誕生したTIEアドバンストx1はダース・ヴェイダーのお気に入りの機体となった。

If the Headgear Fits Wear It.png

帝国の徴兵ポスター

帝国軍を指揮したのは高度な訓練を受けた提督将軍モフだった。銀河系各地に設置された帝国アカデミーの施設で帝国軍士官候補生の訓練が行われた。ウルフ・ユラーレンのように、かつて銀河共和国に仕えたベテラン将校たちも帝国軍に参加していた。帝国の誕生から5年が過ぎた頃、20名のモフが帝国統治評議会に仕えていた。また、皇帝パルパティーンはモフ(当時)のウィルハフ・ターキンのためにグランドモフという階級を新設した。モフは宙域を統治する総督の称号だったが、グランドモフは複数の宙域をまとめた「オーバーセクター」の統治者だった。他にもティアン・ジャージャロッドサーボンといったモフたちが皇帝に取り入るため権力争いを繰り広げていた。野心的な将校の中には、反乱運動に加担し、彼らを内部から崩壊に導くことで皇帝に認められようとする者もいた。高階級の将校が個人的な資産を持っていることも稀ではなく、ハイラム・ザテア艦長は惑星ナブーで巨大な農園やブドウ園を経営し、タッグ家のメンバーであるカシオ・タッグは、タッグ社ルカゼックの採鉱施設を所有していた。

帝国地上軍及び宇宙軍は、銀河系の各地で帝国の軍事作戦を遂行する役割を担った。法律と秩序の維持に務めた帝国軍は、やがて人びとから恐れられ、避けられるようになった。インペリアル・ストームトルーパーは帝国軍の中で特に人目に触れる存在だった。均一な装甲服を身に着けて個性を排除したストームトルーパーは、しばしば“シュート=ファースト(発砲第一)”の原則に従って行動した。エンドアの戦い以降、銀河帝国は資源不足と人員不足の双方に苦しめられた。彼らは訓練を終えていない未経験の新兵を最前線に立たせることになり、帝国宇宙軍の保有するスーパー・スター・デストロイヤーは<ラヴェイジャー>1隻のみとなったが、それもジャクーの戦いで失われてしまった。

社会と文化

「共和国時代はこんな仕事ぶりで御の字だったかもしれないが、帝国が重んじるのは混乱ではなく秩序だ。われわれがやってきたからには、ほかの惑星と同じように、ここでも究極のゴールを目指す」
「究極のゴールとは、完璧を求めることですか?」
「陛下がお望みのことならなんでもだ」
ゴースを訪れたデネトリアス・ヴィディアン伯爵レイ・スローン艦長[出典]
Strength and Obedience propaganda.jpg

COMPNORの認可を受けたポスター

銀河帝国はニュー・オーダーと呼ばれる政策を公式に支持し、プロパガンダ・ポスターや親帝国派のニュース報道がそれを支えていた。こうした報道はアルトン・キャッスルを始めとするキャスターによって各地に届けられた。情報省の監視下に置かれたホロネット・ニュースは、政府の認可を受けた唯一の報道機関で、帝国および帝国軍を熱心に称賛した(『ロザル公報』のように帝国を支持する地元メディアも存在した)。帝国記者団はホロネット・ニュースと結託しており、“許容範囲外”のニュースが外に出ないようになっていた。帝国のメディアの中で、皇帝パルパティーンの外見は実際よりも若く魅力的に報道されていたため、皇帝が醜い顔であることを知る者は少なく、そもそも銀河政府がシス卿の支配下にあることが認知されていなかった。

ジェダイの粛清を正当化すべく、皇帝パルパティーンは「ジェダイの反乱」が起きたという公式見解を出し、共和国転覆を企てるジェダイ・オーダーを倒すためにオーダー66を実行したと主張していた。ニュー・オーダー宣言の数年後にはジェダイに関するあらゆる記録が削除され、多くの人びとが皇帝の公式見解を信じるようになっていた。しかし、ザルーナ・マイダーやルーク・スカイウォーカーは帝国の発表に疑念を抱き、個人的にジェダイを知っていた人々の中にはねつ造された歴史を信じない者もいた。勝手に出版物を配布しようとすると無期懲役刑に処せられることがあり、抗弁は民事訴訟でだけ許可され、帝国に対する裁判は許されていなかった。帝国は組織化された超自然的な信仰や宗教を禁止していたが、フォースの教会を始めとする地下信仰は帝国時代の弾圧を生き延びた。

クローン戦争終結時に分離主義勢力のドロイド軍団が解体されたため、コア・ワールドの民衆の間には平和や繁栄の安心感が戻った。COMPNORの一部門である進歩のための連合は、こうした平和を維持すべく活動を進めた。彼らは国内に出現する芸術的メディアに細心の注意を払っていた。アウター・リムの惑星ガレルでは、ビスの芸術家ジャノイアの像が解体された。また、ダース・ヴェイダーを侮辱する政治的な歌を歌ったハッコー・ドラズリップ・アンド・ザ・トゥートゥル・フルーツのメンバーは惑星ケッセル鉱山送りになった。この歌は放送禁止になったが、その後も様々なフォーマットで不法に利用されていた。

帝国内ではグラヴ=ボールと呼ばれるスポーツが人気で、数多くの惑星が代表チームを持ち、しばしば競技大会が行われていた。惑星ロザル応用科学ジュニア・アカデミーには、アプサイ・セーバーキャッツという名のチームが存在した。また、帝国領域内では他にも地下の闘技ゲームが行われていた。帝国の初期、アウター・リム・ケイヴ=アップストームブレード・ブラッドフェストといった闘技ゲームが楽しまれていた。

エンドアの戦い以降、エンドアにおける帝国の敗北を記録した違法なホロビデオや、惑星ナブー等の解放を伝えるプロパガンダ報道が銀河系全域に広まっていった。帝国はこうした報道を虚偽と見なし、情報を拡散した者は逮捕・処刑されることがあった。しかし人びとが帝国の弱体化を意識するにつれ、何千という市民が新共和国に参加し、帝国軍内部の離反も着実に増加していった。皇帝パルパティーンの死を隠蔽するため役者が用意されたが、銀河系の人びとは偽物のわずかな違いに感づいた。やがて帝国の支配権を主張する者たちが現れ、我こそは正当な後継者だと訴えたが、実際に権力を握っていたのはパルパティーンの元側近であるマス・アミダ大宰相だった。エンドア以降、アミダは帝国の崩壊を食い止めようと力を尽くした。

人口

帝国の人口は、主に首都惑星コルサントに起源を持つ人間種族によって占められていた。帝国の軍人と官僚の大部分が人間で、ニュー・オーダー体制のトップメンバーはほぼ全員が人間で構成されていた。

帝国はエイリアン種族を差別していたため、エイリアンが帝国軍の将校になることは滅多になかった。帝国はアイソリアン語を始めとするエイリアンの言語や文化の学習を奨励せず、高度な「インペリアル・スタンダード」を市民に押し付けようとした。皇帝の大宰相を務めたシャグリアンのマス・アミダや、尋問官たちを率いたパウアン大尋問官モン・カラマリ出身でサイボーグ化されたカービンのように非人間種族のメンバーが帝国内で高階級に就くようなケースは例外中の例外であった。

奴隷制度

帝国では非人間種族が虐げられ、そのうちの多くが奴隷として銀河各地の強制収容所に送られた。惑星ケッセルスパイス鉱山は重罪人の流刑地として使われ、そこへ送られた者は1年も経たないうちに命を落とすと言われていた。そのため、ほとんどの人にとって「ケッセルのスパイス鉱山送り」は事実上の死刑宣告となった。また、ケッセルでは力持ちとして有名なウーキーたちも働かされていた。惑星ライロスには帝国に関する情報をほとんど何も知らない集落があり、そうした居住地の住民が強制的に連行されて奴隷収容施設で働かされることがあった。惑星ロザルのターキンタウンのように、奴隷や帝国に住み処を追われた者たちが新しい居住区を形成することがあった。抵抗勢力は惑星や種族もろとも滅ぼされることもあり、ラサット種族の故郷ラサンではT-7イオン・ディスラプター・ライフルを使った大規模な虐殺が行われた(その後、この武器の使用は法律で禁じられた)。また、爬虫類種族のボダーチィケレヴ・ドイ等の鉱山で働かされていた。

インフラ

運送

「一千年のあいだで初めて、われわれの各宙域の統治者がコルサントとコア・ワールドを豊かにするためではなく、各宙域を形成する星系の生活の質を向上させるために働くことになるのだ。宇宙路の安全を守り、通信手段をオープンにし、つねにアクセス可能に保ち、税収入が正しく徴収されインフラ整備に正しく配分されているか確認する。元老院も同じように、自己の利益確保に没頭するのではなく、自らが存在する世界の向上に専念するメンバーで構成されることになるだろう」
ターキン・ドクトリンより[出典]

パルパティーンの広大な帝国をまとめるため、大規模な輸送ネットワークが民間および軍事用の主要運送手段として用いられた。銀河共和国時代と同様、恒星間の交易や戦争は、銀河横断ハイウェイとしての役割を果たす数本の巨大ハイパースペース・ルート沿いに発生することが多かった。主要交易ルートはハイパースペースの安全な移動手段と見なされており、銀河の支配力と防衛手段を維持・確保するには、ルートの支配が必要不可欠だった。小さな星系には座標を発信するハイパースペース・ビーコンが置かれ、星系間を旅するスターシップのジャンプを手助けした。逆に、こうしたビーコンを破壊することで、敵の機動力や反応速度を減退させることができた。銀河の各地にある宇宙港や基地はスターシップの停泊、燃料補給、積み降ろし、再武装などの役に立った。銀河帝国はホライズン基地を始めとする大規模な宇宙船用の港を所有していた。巨大帝国の運送ネットワークは大規模かつ複雑で、階層化された帝国組織によって維持運営されており、各部分の相互関係が強かったため非常に脆弱でもあった。マードナIIIのように、何百万トンという帝国の貨物を収容する「倉庫惑星」として利用されていた星もあった。銀河各地への貨物の運搬には、しばしばクラス4コンテナ輸送船が用いられた。コンテナ輸送船はどちらかというと単調な役割を担ったため、無能な人員や低階級の人員、あるいはアカデミーを卒業したばかりの新人が割り当てられることが多かった。中央領域から遠く離れた採鉱施設、深宇宙前哨基地、刑務所にはしばしば帝国宇宙軍トルーパーが配置されたが、彼らはストームトルーパーほど敬意を払われず、目立たない存在だった。

通信とメディア

帝国は銀河共和国から銀河系通信システムの大部分を受け継ぎ、ホロネット・ニュースの銀河規模放送網とハイパースペース通信システムを国営化した。帝国によるホロネット・ニュース国営化は、アウター・リム・テリトリーで多数の海賊放送が始まる間接的原因となった。それでもホロネットは銀河系で最も視聴率の高いニュース・ステーションとしての座を守り、世論を形作って帝国主義的な偏向報道を行った。重要な軍事的問題が発生した際、帝国はその地域のホロネットを一時的に停止させ、皇帝パルパティーンと帝国軍の通信を優先させることがあった。

領域

銀河共和国の後継政府として生まれた銀河帝国の覇権は、既知銀河の大部分に及んでいた。帝国は旧共和国領域だけでなく、旧独立星系連合領も含めた広大な国土を支配していた。また、帝国は既知銀河の各地にある傀儡政府、同盟国、保護領を通して多数の地域を支配した(例:コーポレート・セクター)。帝国はトローガンジョマークフェルーシア等の星系に前哨基地を設置し、レン・ヴァーには小規模な前哨基地、ナム・コリオスには採鉱植民地や帝国刑務所を設置していた。ミッド・リムとアウター・リム・テリトリーの間には、辺境領域の無法世界を区切る目に見えない境界線が存在した。帝国の勢力範囲はハット・スペースの手前で途切れており、この領域は密輸業者や賞金稼ぎの温床として有名だった。ヤヴィンの戦い以降、帝国はハット・スペースの独立性を低めるため、ハットの交易に干渉し始めた。

皇帝パルパティーンはアウター・リム全域の掌握を目指したが、間もなく兵站上の問題点が浮上した。辺境惑星の多くは、帝国が支配するにはあまりに野生、野蛮、奇妙過ぎたのである。こうした惑星にはごく小規模な駐屯軍が配備されたり、一時的な遠征地として利用された。その結果、外縁領域の星系には開拓地、武器のテスト場、軍事施設などが点在することになり、そこに配置された帝国の軍人たちは飲酒や喫煙、ギャンブル闇市場の取り引きに走った。

ダークサイドの源を探し出すため、帝国は未知領域の外側にある辺境の衛星や小惑星に無数の研究所や通信ステーションを設置した。皇帝パルパティーンは、自分の力は銀河系の彼方から引き出されているのではないかと考えていたのである。

エンドアの戦い以降、新たに創設された新共和国が勢力を拡大する一方で、銀河帝国の規模は徐々に縮小していった。惑星ウイターのアカデミーをはじめ、帝国の施設や教育機関は血なまぐさい戦争の犠牲となって破壊された。銀河協定が締結された後、帝国軍残存勢力の軍艦は新共和国の監視を逃れるため未知領域へジャンプした。かつて帝国が軍事偵察船で未知領域の星系を探査し、限られた者しか知らないハイパースペース・ルートを探索していたおかげで、残存勢力の撤退活動の助けとなった。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki