FANDOM


Zero Gravity

人工重力が解除された宇宙船

重力(Gravity)は物体が他の物体を引き寄せる力である。力の大きさは質量や距離に影響を受ける。あらゆる惑星衛星恒星が重力を持ち、大きな天体ほど強い重力で他の物体を中心方向へ引き寄せる性質があった。知覚生物やその他の種族にとって、物体の落下現象が発生したり、地上に立ったままの状態でいられるのは重力のおかげだった。リアルスペースには重力が存在しなかったため、宇宙船宇宙ステーションは人工的に重力を生みだして知覚種族の活動環境を整えていた。人工衛星等の軌道周回物体は重力と遠心力の釣り合いが取れた地点を見つけ、安定した状態を維持していた。

銀河系の近代的文明では、1,000年以上の歴史を持つ重力操作テクノロジーが基本的な飛行や恒星間旅行に利用されていた。乗り物はリパルサーリフトと呼ばれる装置で重力に逆らって浮遊し、ホバー移動や飛行を可能にした。スターシップの乗員は加速補整機のおかげで高速飛行中も安全でいることができた。また、物体を押したり引き寄せるためにトラクター・ビーム等のテクノロジーが使用されていた。

重力操作はありふれた技術だったが、銀河系の歴史上、多くの勢力が民間及び軍事面での技術革新を試みた。クローン戦争期、クローン・トルーパーは無重力空間を移動するための磁化ブーツを使用した。銀河帝国重力井戸発生装置を開発し、インターディクション・フィールドを生成してハイパースペース航行中の船をリアルスペースに引き戻す技術を完成させた。

ほとんどの人間ヒューマノイド種族は平均的な重力環境で生活し、低重力の環境では普通より高く跳躍する等、高い運動能力を発揮できた。その一方で、高重力の環境では身体的動作に普段よりも多くのエネルギーを費やすことになった。惑星サーパーは人間の標準と比較して高重力だったため、帝国軍に属す人間の士官候補生の訓練場として利用されていた。

登場作品

参考資料

外部リンク

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。