FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「建物だけあっても意味がない。街ってのは、人が住んで初めて街と呼べる」
クローン・トルーパーワックサー[出典]
Coruscant landscape TPM

コルサントの都市風景

都市(City)は巨大で永続性を持つ知覚種族の居住区。

概要

形態

TipocaCity-CC

ティポカ・シティ

銀河系には様々な形態の都市が存在した。コルサントデノンのように惑星全域を覆う巨大都市はエキュメノポリスと呼ばれた。タトゥイーンモス・アイズリーモス・エスパは巨大建築物こそなかったものの、宇宙港都市として栄えていた。大半の都市は惑星の地表に築かれていたが、ベスピンクラウド・シティのように大気圏高層に浮遊するものや、カミーノティポカ・シティのように上に築かれたものもあった。また、ナブーオータ・グンガモン・カラの都市は水中にあった。惑星ウータパウパウ・シティは巨大な縦穴の内部に存在した。入植者たちが都市を建造する際、建物と自然の調和を重んじることがあった。ナブーのシードソルー川の周辺に築かれ、古典的な建築様式の建物が並んでいた。

施設

巨大な都市には星間宇宙港や企業の本社、オフィス、公共施設などが存在した。市民にサービスを提供するため、都市は複数の行政地区、居住地区、工業地区に分割されることがあった。コルサントギャラクティック・シティには元老院地区連邦管区といった地区があった。

首都

惑星や領域の政治的・文化的中心地は首都と呼ばれた。コルサントは銀河共和国銀河帝国の首都で、銀河文化の中心地だった。コルサントのギャラクティック・シティには元老院ビルなどの政府施設や、劇場、娯楽施設が立ち並んでいた。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。