FANDOM


この記事は未邦訳の作品を扱っており、記事のタイトルは公式な邦題ではありません。

通過儀礼』(原題:Rites)はアンソロジー『ある視点から見た物語』に収録されている短編小説である。作者はジョン・ジャクソン・ミラー

あらすじ

エイコバは双子の相棒とともにクレイト・ドラゴンを退治し、自らを一人前のタスケン・レイダーと称した。しかし部族の長であるエイヤークは、仔クレイトを殺した程度では彼を大人として認めないと言う。恐怖を抱かぬ者は愚か者だというエイヤークの助言を無視し、エイコバは勇気を証明するためさらなる挑戦を求めた。エイヤークの言う“魔法使い”が住む土地にて、エイコバは仲間と一緒に水分農夫の青年ドロイドを襲撃した。その直後、彼らは復讐を求める親クレイトの鳴き声を聞いた。しかし声のした方向から姿を現したのはフードをかぶった老人だった。エイコバは気づくと恐怖のあまり仲間とともに逃げ出していた。

登場人物・用語

目次
人物 · 動物 · ドロイドの機種 · 出来事 · 地名
組織と称号 · 種族 · 乗物 · 技術と武器 · その他
人物
動物
ドロイドの機種
出来事
地名
組織と称号
種族
乗物
技術と武器
その他
他言語版