FANDOM


近衛隊[1]Palace Guard)、あるいは近衛兵[1] は、惑星ナブーで活動したナブー王室保安軍の一部門である。近衛隊は主にナブーの首都シード宮殿に配置されていた。

歴史

Naboo Palace Guard

銃を構える近衛兵

近衛隊はナブーの君主とその宮殿を守るために仕えており、コメル宙域代表の元老院議員といった重要人物の警護、コルサントへ向かう代表者のエスコートなども担当した。保安隊とは違い、近衛隊は主にナブー以外の惑星で戦闘経験を積んだ、熱心で経験豊かな兵士から構成されていた。多くの近衛兵はアウター・リム・テリトリーセクター・レンジャーや様々な惑星軍で働いた経験があった。

保安隊の兵士たちは彼らの役割にきわめて忠実なことで知られており、数こそ少ないが王室保安軍の中心的存在だった。32 BBY当時、150人の兵士が保安隊を構成していた。一般的に、彼らは1週間のうち平均20時間働き、5~10年間部隊に残った。彼らの訓練は、銀河系の標準的な兵士の訓練よりも程度が低かったが、近衛隊は任務への献身的姿勢でそれを補っていた。

ナブーの侵略の後、近衛兵はトレード・フェデレーションとの戦い以前に着ていたよりカラフルなものとは異なる、暗いユニフォームを採用した。ナブーの侵略において、近衛隊の多くはメイン・ハンガーとその外部でバトル・ドロイド装甲型強襲用戦車と戦い命を落とした。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki