FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
ImpStarDestroyer-TSS

惑星軌道に留まるインペリアル級スター・デストロイヤー

軌道とは天体が運行する道筋であり、軌道周回オービット(Orbit)はスターシップ宇宙ステーション惑星の外側や大気圏外で動きを維持した状態をいう。

軌道周回はまた、惑星攻撃の第2段階であり、目標とする星系を囲む宇宙空間の軌道の支配権、そして侵略艦隊の部隊にとって戦略的な軌道配置を手にすることが出来た。

軌道攻撃の種類

銀河帝国の軍事戦略家マイケル・アンザーによれば、軌道攻撃には、オブジェクティブ(攻撃目標)・オービットとシージ(包囲攻撃)・オービットという、主にふたつの戦術があった。

オブジェクティブ・オービット

オブジェクティブ・オービットでは、侵略艦隊全体を首都宇宙港といった単一の攻撃目標(オブジェクティブ)の上空の宇宙空間に配置させた。これによって侵略艦隊は小規模な防衛部隊によって安全な状態に留まりながら、主要地点を狙うことが出来たが、制圧できる地域はより狭い場所だけだった。さらに、この戦術では侵略艦隊は敵の供給ラインを制圧することが出来なかった。攻撃目標の数を減らすためのこの戦略は、ただ単に都市や宇宙港、ならびに産業施設を砲撃するだけのものだった。

シージ・オービット

PlanetaryBombardment-SWGTCG

軌道から爆撃を行う帝国のスター・デストロイヤーフリゲート

シージ・オービットでは、艦隊の部隊は敵の宇宙船が出入りするのを阻止するため、惑星の周囲に配置された。シージ・オービットはこのようにして防衛側の兵站線の資産を削っていきつつ、さらに惑星のどこであろうと敵の地上部隊に対して爆撃を行えた。

アンザーはこの戦術をオブジェクティブ・オービットよりもリスクが高い代替案だと考えており、ホスの戦いにおける軌道包囲がシージ・オービットの弱点の例であると主張した。ホスにおいて、ダース・ヴェイダーの侵略部隊は接近段階にケンダル・オッゼル提督の犯したミスでいくぶんかハンデを負っていた。この艦隊はホス星系に近すぎる地点でハイパースペースを脱出したため、艦隊部隊は配置に付こうと急ぎ、護衛用の戦闘機を配備する時間がほとんどなかったのである。反乱同盟軍の宇宙船数機は、帝国側が惑星軌道の包囲位置に付く前に、何とか星系を脱出することが出来たのである。

防衛

アンザーによれば、惑星攻撃から星系を守るいくつかの異なる方法が存在したため、この段階の重要な側面は防衛側の軍の知識だった。ブリックスの戦いにおけるカリガンの非正統的な戦術は、帝国の侵入艦隊に深刻な問題を引き起こした。しかし惑星防衛におけるもっとも一般的なタイプは、スターファイターをベースとしたスペース=スナイプ戦術だった。

登場作品

関連項目

外部リンク

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki