FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
BountyHunters

ダース・ヴェイダーのもとに集まった賞金稼ぎ

賞金稼ぎバウンティ・ハンター[1](Bounty hunter)は金のために働いた傭兵の一種で、賞金によって誰でも探し出し、捕獲、または殺害などを請け負った。仕事の内容はこれだけでなく、依頼主の金額しだいではどんな仕事内容でも実行したことで知られた。最高の賞金稼ぎたちはとても良く武装し、効果的な兵器を身に着けてその危険さを増していた。しかし、ハンターの全員が腕利きというわけではなく、冒険を追い求めたり単に豊かになるためにハンターになったために技能が欠落し役に立たない者もいた。

通常賞金稼ぎは単独行動を取ったが、時にはパートナーとともに仕事することもあった。ハンター同士パートナーになるのは非常に危険な金儲けだったが、彼らは自分たちの利益や生存確率を計算した上で仲間になっていたのである。彼らは銀河帝国の時代には“ジェダイ=キラー”として帝国に重宝される存在だった。また、賞金稼ぎと密輸業者の間には激しい対立があり、この顕著な例がボバ・フェットハン・ソロの関係である。

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki