FANDOM


類似した名称の記事は解析局を参照

解析局[1]分析局[2]Analysis Bureau)は、何千万という情報源から収集したデータの解析を行う、帝国情報部の部局である。彼らは、データの中のパターンや傾向を分析することで敵の活動を探り出し、情報部門に報告を行っていた。また、解析局は有益なテクノロジーの調査や複製を行い、独自の技術を開発することもあった。解析局内には、それぞれ専門的な役割を担う下位部門が存在した。

メディア部門

Blue Glass Arrow 詳細はメディア部門を参照

メディア部門は、公共のスキャンドクニュースドクコムリンクビームキャストやその他のメディアを監視し、敵のエージェントが仕組んだ可能性のある隠されたメッセージやパターンを見つけ出す役目を与えられていた。セクター・プレクサス帝国カンプリンクの助けを借り、メディア部門は銀河帝国内の全メディアを苦も無くスキャンすることができた。メディア部門は帝国内の小さな組織に過ぎなかったが、新しいメディア源をより規則的な基準で監視すべきかどうかについて、専門的見解を示した。

シグナル部門

Blue Glass Arrow 詳細はシグナル部門を参照

シグナル部門は、メッセージのやり取りが行われている通信チャンネルを監視した。また、彼らはキャリア・ウェーブ・コードやカンプリンクの通信プロトコル、スキャンドクのスキャン・レート、あるいはホロ・イメージパックから抽出した内容をチェックし、隠された情報がないか確認した後で、データ・ストリームに提出した。また、シグナル部門の分析者たちは、通信上のノイズにパターンがあるかどうかを調査し、放送された予備的な情報が、メインの情報と符合しているかどうかを調べた。

高度な技術を使っているにも関わらず、シグナル部門は誤って存在しないパターンを見つけた気になってしまうことがあった。シグナル部門は、<タンティヴIV>の極低エネルギー・レベル通信を解析し、レイア・オーガナデス・スター設計図を手に入れたことを突き止めるという成果を上げた。また、銀河帝国の宇宙船が傍受したハイパースペース通信を解読するのも、シグナル部門の仕事だった。

暗号解読部門

銀河共和国元老院情報部暗号解読部門を前身に形成されたこの部門は、暗号の解読を行った。メディア部門やシグナル部門によって発見された暗号通信の証拠は、全て暗号解読部門に回されていた。自分たちのことを“リニョット”と称する暗号解読部門のメンバーは、奇妙な連中として知られていた。彼らは、部局間のやり取りに、単純な暗号化を施したスキャンドクを使っていた。これは、暗号解除に手間取るといたずらホロ画像を投影する仕組みになっていた。また、彼らは部局内の通信セキュリティを破り、刺激的なメッセージを送信するという遊びもしていた。

暗号解読部門は、オフィスの入り口や施設そのものを頻繁に移転し、新しい場所の手掛かりを示すスキャン文書だけを残していく習慣があった。新しいオフィスから[セクター・プレスサスへと送信される全ての通信は、数千もの地点を中継しており、逆探知はほとんど不可能だった。

暗号解読部門の行動に苛立ったタブ局のメンバーは、ウビクトレイトに苦情を入れた。しかし、ウビクトレイトは問題を解決する手段を思いついた。彼らは、暗号解読部門のいたずらを敵による活動と想定し、他部局のメンバーにそれを解かせたのである。8日も経たないうちに、移転後の暗号解読部門の拠点のひとつが暗殺部門によって発見され、一掃されてしまった。

技術部門

Blue Glass Arrow 詳細は技術部門を参照

解析局技術部門は、敵のハードウェアを分析し、その仕組みを突き止め、より優れたハードウェアを情報部に提供する役割を与えられていた。多額の予算が回されていた技術部門には、優れた技能を持つ部員が多数在籍しており、彼らの素晴らしいインスピレーションが革新的なテクノロジーに貢献していた。しかし、部門メンバーから引き抜かれた管理者たちは、研究の優先事項を決定することに関しては専門外だったため、適切な判断が下せなかった。

技術部門は、器材の製造よりも分析を得意としていた。ハードウェアを目の前に差し出され、その機能を特定せよと命令されたときこそ、技術部門の科学者たちが誰よりも素晴らしい仕事を成し遂げる瞬間だった。プロジェクトを成功させるために目標や基準を設定しなければならなくなると、彼らの作業は駄目になった。

尋問部門

尋問部門は、帝国情報部によって逮捕された敵対勢力のエージェントを扱う部局だった。帝国保安局尋問部門とは異なり、情報部解析局の尋問部門は、共和国再建のための同盟の工作員に対して残忍な手法を取らなかった。彼らは、捕虜から情報を聞き出したとしても、同盟軍の対処によってすぐに役に立たなくなってしまうだろうと仮定して行動していたのである。

情報部の尋問部門は、精神探査と神経プログラミングを使い、捕虜を二重スパイに仕立て上げるという、より長期的な手法を採用していた。彼らのテクニックは、帝国が持つ数少ない先進的医療走査を使っても検知されることが無かった。多額が費やされることになったが、再教育された反乱軍兵士は、非常に信頼性の高い二重スパイとして活動した。情報部の潜入部門は、尋問部門の手法によって最高のエージェントを数名獲得していたのである。

同盟軍がこの活動に気づくと、情報部門は作戦を変えた。彼らは、同時に複数名の捕虜を解放することにしたが、二重スパイの再教育を施すのは、そのうち少数に留めたのである。この作戦によって、同盟軍は戻ってきた味方に疑惑の目を向けなければならず、捕虜の一部、あるいは全員の受け入れを拒否するかどうかを迫られる、好ましくない状況に陥った。この状況は反乱軍基地全体の士気を損なった。

他にも、尋問部門は再教育した捕虜に整形手術を施し、彼らを新しく同盟軍に加入させる手法も採用していた。銀河内戦当時、この手法で同盟軍に潜入したエージェントは、まだひとりも発見されていなかった。

登場作品

  • Star Wars Galaxies: An Empire Divided (言及のみ)
  • Star Wars: Empire: The Wrong Side of the War
  • Black Ice

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki