FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
Cabaret and Spider Arms

さまざまな色のネオンサインが輝く夜のコルサント・アンダーワールド

「BBユニットだ。色はオレンジと白」
「色なんか聞いてない! そんなのほっとけよ!」
ポー・ダメロンフィン[出典]

(Color)は物体が光を反射することで目に生じる感覚である。惑星フェルーシアには太陽光を透過する半透明色の多種多様な生態系が存在した。銀河系では青や緑、赤、黄色と呼ばれる色が一般的に知られていた。

銀河系における色

文化と色

「今の見たかよ? ものすごくきれいだった。あの色、輝き、まるで…まるで虹だよ」
―帝国建国記念祝賀パレードの花火を見たケイナン・ジャラス[出典]

銀河系において、色はしばしば文化の重要要素となった。例えば赤色は、銀河共和国の中で外交特権を表す色だった。しかし、赤はしばしば熱情的で攻撃的な色だと考えられた。シスはこうした理由から破壊的なフォース観を象徴する赤いブレードのライトセーバーを使った。銀河系の全ての言語を合わせると、「青」を示す言葉だけでも400億1174万2983語が存在した。ベーシック言語では、青の色合いを示す言葉としてアオ、アクア、アズアが知られていた。

銀河帝国では地味な灰色、白、黒が好んで使用され、建築物も可能な限りこれらの色で再設計された。帝国の文化を好んでいなかったサビーヌ・レンは、帝国の建物に明るい色を使った落書きをしていた。

ライトセーバーと色

ジェダイライトセーバーのブレードの色は、惑星イラムクリスタル洞窟で採取されるカイバー・クリスタルの色によって決定された。ライトセーバー・クリスタルはジェダイ・ヤングリングによって発見されるまで無色だった。ヤングリングがクリスタルと調和することで初めて色が現れた。明らかに、この一連の過程がジェダイのライトセーバーの色を決定していたようである。ジェダイのライトセーバーのブレードは通常緑か青だったが、メイス・ウィンドゥ紫のブレードのライトセーバーのように、稀に他の色も存在した。シスはライトセーバー製造時にシス・クリスタルを使用し、ブレードの色は赤だった。これは彼らの攻撃的で熱情的なフォース観を表していた。

登場作品

色に関する言及や描写のあるスター・ウォーズ作品:

参考資料


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki