FANDOM


「君たちの分のドロイドも残しておくとしよう」
オビ=ワン・ケノービ将軍[出典]

第212突撃大隊(212th Attack Battalion)は共和国グランド・アーミーおよび銀河帝国に属したクローン・トルーパー大隊クローン・マーシャル・コマンダーコーディジェダイ将軍オビ=ワン・ケノービによって率いられ、クローン戦争独立星系連合バトル・ドロイド軍団と戦った。第212突撃大隊の隊員はオレンジ色のマーキングが施されたフェイズIフェイズIIクローン・トルーパー・アーマーを装備した。ゴースト中隊フォックストロット・グループ等の部隊が第212突撃大隊に所属した。

クローン戦争中、第212突撃大隊はクリストフシステスライロスジオノーシスアンバラサーリッシュ等、銀河系各地の戦場へ赴いた。クローン戦争終結時、第212突撃大隊は分離主義勢力の司令官であるグリーヴァス将軍を倒すためアウター・リム・テリトリーの惑星ウータパウへ派遣されていた。ケノービ将軍は一対一の対決でグリーヴァスを殺害したが、戦闘中にオーダー66が発令され、部下のクローン・トルーパーの裏切りに遭った。彼はコマンダー・コーディや第212突撃大隊の捜索を逃れ、ウータパウから逃げ出した。戦争終結後、第212突撃大隊は帝国地上軍の所属となり、キャッシークで発生したウーキーの暴動鎮圧に派遣された。

戦闘

GeonosisCircularDefense

ジオノーシスで戦う第212突撃大隊

部隊

ゴースト中隊

Waxer full

フェイズIアーマーを身に着けたゴースト中隊隊員、ワックサー

ゴースト中隊はオビ=ワン・ケノービ将軍の指揮の下、ライロスの戦いに参加したことで知られる。彼らは分離主義勢力に拘束されていたトワイレックの住民を解放し、増援部隊の降下を妨げていたプロトン砲を破壊した。ボイル、ワックサー、ウーリーといったトルーパーがこの部隊に所属した。

フォックストロット・グループ

フォックストロット・グループクローン・コマンドーによって構成されたエリート分隊である。「グレガー」のニックネームで知られるクローン・キャプテンCC-5576-39が指揮を執った。この部隊は共和国が大敗を喫したサーリッシュの戦いで行方不明になったが、グレガーは生き延び、記憶喪失になって惑星アバファーへ流れ着いた。

ビークル

第212突撃大隊はニュー級アタック・シャトルLAAT/iLAAT/cガンシップ、全地形対応索敵トランスポート全地形対応戦術攻撃兵器等のビークルを使用した。

登場作品

参考資料

共和国軍
グランド・アーミー 第7空挺兵団 - 第41精鋭兵団 - 第91機動偵察兵団 - 第327星間兵団 - 第104大隊 - 第212突撃大隊 - 第501軍団 - ゴースト中隊 - グリーン中隊 - トレント中隊 - タンゴ中隊 - ウルフパック - クローン・フォース99 - デルタ分隊
宇宙軍 オープン・サークル艦隊 - コルサント本国防衛艦隊 - ブルー中隊 - ゴールド中隊 - シャドウ中隊 - クローン・フライト7
スターシップ ヴェネター級スター・デストロイヤー - アクラメイター級アサルト・シップ - リパブリック・フリゲート - ペルタ級フリゲート - アークワイテンズ級軽クルーザー - CR90コルベット - イータ級シャトル - T-6シャトル - ニュー級アタック・シャトル - シータ級T-2cシャトル - Vウイング - ARC-170 - クローンZ-95 - V-19トレント - Yウイング - デルタ7 - デルタ7B - イータ2
ビークル AT-TE - AT-OT - AT-RT - AT-AP - AV-7対ビークル砲 - BARCスピーダー - HAVw A6ジャガーノート - RX-200 - LAAT/i - LAAT/c - 自走重砲
クローン・トルーパー マーシャル・コマンダー - コマンダー - キャプテン - ルテナント - サージェント - ARC - ARF - BARC - コマンドー - ショック・トルーパー - スキューバ・トルーパー - ナビゲーション・オフィサー - パイロット - フレイムトルーパー - メディック - ライオット・トルーパー - 特殊作戦部隊
[テンプレート]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。