FANDOM


正史版の内容を紹介しています。  レジェンズ版の内容はこちらをクリック。 
「見ての通りデス・スターは森の月エンドアの周回軌道に浮かんでおる。デス・スターの攻撃システムは未完成であるが、その防備メカニズムは極めて強力である。すなわち、森の月エンドアから放射されるエネルギー・シールドに守られているのだ」
ギアル・アクバー提督[出典]

第2デス・スター(Death Star II)は、ヤヴィンの戦いで最初のデス・スターが破壊された後、銀河帝国が建造を開始した機動性バトル・ステーションである。完成したあかつきには、最初のデス・スターよりも巨大かつ強力な宇宙ステーションになるはずだった。ヤヴィンの戦いの4年後、皇帝シーヴ・パルパティーンエンドア上空で建造中の第2デス・スターを餌にして反乱同盟をおびき寄せ、彼らを一網打尽にしようと計画した。しかし、エンドアの戦いは反乱軍の勝利に終わり、第2デス・スターはランド・カルリジアン将軍が操縦する<ミレニアム・ファルコン>によって破壊された。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki