FANDOM


第1帝国センター・コア防衛中隊(1st Imperial Center Core Defense Squadron)は、スカル中隊(Skull Squadron)としてよく知られた、帝国宇宙軍のエリートのプレデター級ファイター中隊である。この中隊ははじめダース・クレイト銀河帝国に忠誠を誓っていたが、隠されたテンプルへの攻撃中にローン・フェル皇帝亡命帝国側へと離反した。

歴史

ローン・フェル帝国の玉座から引き摺り下ろされるよりも前のある時点、スカル中隊はラルフ・イェイジによって率いられていた。彼はやがて大提督となり、帝国宇宙軍を率いる存在となる。

シス=帝国戦争の末期の頃、スカル中隊は、占領したコルサントの所有権を宣言しようとするローン・フェルと彼の影武者が乗る船団の護衛に割り当てられた。

第二次帝国内戦中、スカル中隊はフェルから権力を強奪したダース・クレイト皇帝へと忠誠を誓い、モフのラルフ・イェイジの直接の指揮の下、いつもはコルサントのスカル中隊ハンガーに留まっていた。このころは、ラルフ・イェイジとモフのニーナ・カリクストの娘であるガン・イェイジ大佐が中隊を指揮し、中隊のパイロットにはジェイ・アクラブロディ・コバーンテヴ・リモンらがいた。

スカル中隊はコルサントの下層レベルにおいて<マイノック>を追跡したが、見失った。彼らは後にシスのテンプルにおいて戦ったが、高位モフモーリッシュ・ヴィードの命令によって引き下がらなければならなかった。

その後しばらくして、スカル中隊は、摂政モーリッシュ・ヴィードによってサンダーストローク作戦の一環としてローン・フェル捕獲に派遣された第1シス帝国攻撃部隊シスのパイロットの護衛に割り当てられる。スカル中隊のメンバーはシスに従属する役割へと格下げされたことや、シス・レディダース・ローダーが隊員が安心して使用できるプレデター級ファイターでなく、シスが設計したスターファイターの試作機に隊員を乗せたことに憤慨した。この作戦はプリンセスマラーシア・フェルの捕獲によって成功に終わった。

そしてスカル中隊はダース・クレイトによる惑星タイヴァスジェダイ隠されたテンプルへの攻撃に加わることになった。しかしこの戦いの途中、クレイトのシス・トルーパーが多数のシス帝国の国民や子供たちの死を引き起こすと、スカル中隊のメンバーはクレイトの戦術に愛想を尽かした。イェイジ大佐はダース・ローダーを殺害し、スカル中隊のメンバーは大佐に従ってクレイトの帝国を離反したのだった。スカル中隊は他の離反者たちと共に、新しい仲間の惑星バスティオンへと向かった。

その後スカル中隊はコルサントの戦いに参加し、ツイン・サンズ中隊ローグ中隊とともに飛んだ。ツイン・サンズがフライト・アニヒレーターにとどまる一方、ローグとスカル中隊はコルサントの惑星の標的を破壊した。彼らは成功を収めたが、ローグ中隊は犠牲を出し、戦いが続いたことにより、アニヒレーターは中隊をもう攻撃しより多くの機を破壊した。しかしケイド・スカイウォーカーがダース・クレイトを殺害すると、全てのシス・トルーパーが狂乱状態になり、自殺行為を行った。こうして戦いは終結し、他のシスは逃げていった。

登場作品

ImperialPilots

スカル中隊パイロットたち

  • Star Wars: Legacy 14: Claws of the Dragon, Part 1 (初登場)
  • Star Wars: Legacy 15: Claws of the Dragon, Part 2 (言及のみ)
  • Star Wars: Legacy 19: Claws of the Dragon, Part 6
  • Star Wars: Legacy 37: Tatooine, Part 1
  • Star Wars: Legacy 39: Tatooine, Part 3 (言及のみ)
  • Star Wars: Legacy 44: Monster, Part 2
  • Star Wars: Legacy 45: Monster, Part 3
  • Star Wars: Legacy 48: Extremes, Part 1
  • Star Wars: Legacy—War 2
  • Star Wars: Legacy—War 3
  • Star Wars: Legacy—War 4
  • Star Wars: Legacy—War 5

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki