FANDOM


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

「セドリス、誰かが帝国を治めなければならないのだ!」
「そう 力のあるものがな だがそれは断じてお前ではない」
―サ=ディとセドリス[出典]

10 ABY銀河帝国エグゼクターセドリス・QLは、裏切り者のダークサイドの達人ネフタサ=ディ対決を繰り広げた。再び新しいクローンで復活した皇帝パルパティーンは、裏切り者を倒したセドリスを褒めたたえた。

背景

「未来の皇帝が1人減った 銀河の権力が一歩死に近づいた」
―皇帝のクローンを破壊するネフタ[出典]
Elite2

ビィスに帰還するセドリス

10 ABYクローンの肉体で復活した皇帝パルパティーンは、再建された銀河帝国を率い、新共和国を脅かした。銀河系首都惑星コルサントを奪回し、コア・ワールドを制圧したパルパティーンは、<エクリプス>で新共和国の本拠地であるピナクル基地を襲った。しかし皇帝はルーク・スカイウォーカーレイア・オーガナ・ソロに破られ、旗艦と共に滅ぼされた。スカイウォーカーは、かつて皇帝と戦った際に、ディープ・コアの惑星ビィスにあったクローン・タンクを破壊していた。しかし、皇帝は他にもタンクを隠していた。

その後、ダークサイド・エリートエグゼクターセドリス・QLが、皇帝のシャドウ・ハンド作戦の指揮を引き継いだ。彼はバルモーラの戦い帝国軍を率いたが、バルモーラの軍隊を破ることができず、最終的に休戦協定を締結するに至った。皇帝の復活を望まない帝国の高官たちは、セドリスを蹴落とすため、彼を死刑にするべきだと主張した。ダークサイドの達人で、皇帝やセドリスに反感を持つネフタサ=ディは、皇帝の城にある皇帝のクローン・タンクを破壊した。

対決

「セドリス、バルモーラであんな恥知らずな負け方をしていながらよくもおめおめと城に顔を出せたもんだ」
「皇帝が永遠に滅びたなどという噂を流したのはお前だな そしてそれを現実のものにしようって訳か」
―ネフタとセドリス[出典]
SedrisskillsNefta

ネフタを殺害するセドリス

惑星ビィスに戻ったセドリスは、ネフタとサ=ディがクローン・タンクを破壊している現場に到着した。セドリスは、彼らが皇帝の復活を阻止し、自分たちで帝国を支配しようとしているのだと知った。短い会話を交わした後、セドリスはライトセーバーを起動し、ネフタに切りかかった。ネフタも自身のライトセーバーを起動し、セドリスの最初の攻撃を受け止めたが、胴を切られてあっという間に倒されてしまった。サ=ディは、セドリスに死刑を求刑したことについて嘘をつき、慈悲を請おうとした。しかしサ=ディに武器で防御する時間も与えず、セドリスはライトセーバーで彼をまっぷたつにした。

その後

「私がいない間、少なくとも上級職に就く者のうち1人だけは忠誠を守っていたようだな」
―パルパティーン[出典]
Drakulalpatine

再び復活した皇帝

セドリスがネフタやサ=ディと戦っている間に、パルパティーンは新しいクローンの肉体で再び復活を果たしていた。セドリスが裏切り者を始末する様子を、ドアの陰から見守っていたパルパティーンは、忠誠を捨てなかったエグゼクターを褒めたたえた。パルパティーンは、ルーク・スカイウォーカーや、第三子を身ごもるレイア・オーガナ・ソロを生け捕りにする任務を、セドリスに与えた。

登場作品

参考資料

脚注

  [Source]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。