Fandom

Wookieepedia

第一次ジオノーシスの戦い

9,233このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
正史版の内容はこちらをクリック。  レジェンズ版の内容を紹介しています。 
類似した名称の記事はジオノーシスの戦い(曖昧さ回避)を参照
「これは始まりにすぎん!」
―ドゥークー伯爵[出典]

第一次ジオノーシスの戦い(First Battle of Geonosis)は、22 BBYに発生した銀河共和国独立星系連合の戦い。一般的に、ジオノーシスの戦いという呼び名でよく知られる。惑星ジオノーシスで繰り広げられたこの戦いから、クローン戦争の火ぶたが切られた。ジオノーシスの戦いは共和国グランド・アーミーが体験した最初の大規模戦闘であり、当時のジェダイにとっても最初の大規模戦闘だった。

背景

「これは宣戦布告にひとしい行為ですよ、大公。戦争の準備ができていることを祈りますわ」
「われわれは武器を作る、それが商売だ。もちろん、準備はできているとも!」
―パドメ・アミダラとポグル・ザ・レッサー[出典]
Kamino Empfang.jpg

カミーノでクローン軍団の存在を知るケノービ

22 BBY銀河共和国分離主義危機のさなかにあった。何千という惑星系や、トレード・フェデレーションインターギャラクティック銀行グループテクノ・ユニオンコマース・ギルドコーポレート・アライアンスといったコングロマリット(複合企業)が共和国からの離脱を宣言し、元ジェダイドゥークー伯爵が率いる独立星系連合の傘下に加わったのである。やがて共和国の首都惑星コルサントでは、テロリストによる爆発騒ぎが頻発するようになる。そのため共和国の銀河元老院では、軍隊創設法案の可決を求める声がいちだんと大きくなった。第一次ジオノーシスの戦い勃発に至る最後の数かは、銀河系の各地で主義の異なる派閥が争うようになった。勃発の3か月前には家をなくした市民を収容するために難民救済運動が行われたが、市民の間には不安が広がっていた。[1]

軍隊創設法案の投票ナブー代表のパドメ・アミダラ元老院議員が法案に反対票を投じるためコルサントに到着した際、暗殺未遂事件が発生した。ジェダイ・オーダーは、ジェダイ・ナイトオビ=ワン・ケノービと、彼のパダワンであるアナキン・スカイウォーカーをアミダラ議員の護衛に割り当てた。ケノービは、何者かが暗殺者の口封じに使用した毒矢を手掛かりに、黒幕の捜査を開始した。一方、スカイウォーカーは故郷ナブーに戻るアミダラ議員に同行した。[2]

友人のデクスター・ジェットスターから、毒矢の出所が惑星カミーノであることを教えられたケノービだったが、ジェダイ・アーカイブにこの惑星の情報は載っていなかった。直接現地に赴いたケノービは、そこで共和国のためにクローン・トルーパー軍団が製造されていることを知った。カミーノアンラマ・スー首相は、クローン軍団の発注元がジェダイ・マスターサイフォ=ディアスであることをケノービに教えた。カミーノ滞在中、ケノービはクローン軍団の遺伝子提供者で、バウンティ・ハンタージャンゴ・フェットと対面する。ジェダイ評議会はフェットを連れてくるようケノービに指示したが、フェットはカミーノから脱出した。しかしその際、ケノービはフェットの宇宙船スレーヴI>にホーミング・ビーコンを仕掛けた。[2]

独立星系連合の幹部たちと対面するためジオノーシスに向かう途中、ドゥークー伯爵は暗号化されたメッセージをセヴランス・タン将軍に送信し、大規模な戦いが迫っていることを彼女に教えた。ドゥークーは、彼女にすぐに出発の準備をするよう指示した。

ケノービはフェットを追跡し、惑星ジオノーシスにたどり着いた。ケノービは追跡魚雷を何とかかわし、この砂漠の惑星の地表に降りた。ジオノージアンの建物に潜入したケノービは、そこで行われていた分義主義勢力の幹部たちの会合を目撃する。ケノービは、トレード・フェデレーションのヴァイスロイヌート・ガンレイがアミダラ議員暗殺未遂事件の黒幕だったことを知った。彼はジェダイ評議会に見聞きしたことを報告したが、通信中にデストロイヤー・ドロイドに襲撃され、捕えられてしまった。この通信は惑星タトゥイーンにいたアミダラ議員の宇宙船によって中継されていた。アミダラとスカイウォーカー(彼は故郷であるタトゥイーンで、母親の救出に失敗していた)は、ケノービの危機を知ってジオノーシスに向かった。一方、ドゥークーはケノービが捕えられている部屋を訪れ、彼を味方につけようとした。ケノービが拒否すると、ドゥークーは彼を解放することは難しいだろうと言い残して去っていった。

Geonosis arena.jpg

処刑の舞台となったペトラナキ・アリーナ

スカイウォーカーとアミダラは、ケノービを救出するためジオノーシスに赴いたが、大量のバトル・ドロイドを製造するドロイド工場で独立星系連合に捕えられてしまった。ふたりはジオノージアンのポグル・ザ・レッサー大公から死刑を宣告され、ペトラナキ・アリーナでケノービとともに処刑されることになった。処刑にはアクレイネクスーリークといった獣が使われ、ケノービ、スカイウォーカー、アミダラは処刑アリーナの中心に立つ柱につながれた。彼らは猛獣の攻撃を何とかかわし、しばらくの間持ちこたえた。[2][3]

一方、分離主義勢力の陰謀に関するケノービの報告を受け、銀河元老院では会議が開かれていた。ナブーの準惑星代表ジャー・ジャー・ビンクスは、この危機に対処するため、最高議長パルパティーンに“非常時大権”を与えてはどうかと提案し、受け入れられた。パルパティーンは与えられたばかりの権利を行使し、共和国グランド・アーミーを設立する。[2]

パルパティーンが軍隊の創設を宣言した直後、ジェダイのグランド・マスターヨーダは、秘密のクローン・トルーパー軍団を使うため惑星カミーノに向かった。一方、ジェダイ・マスター・メイス・ウィンドゥはジェダイの攻撃チームを組織し、ケノービたちを救出するためジオノーシスに向かった。[2]

戦闘

防衛突破

Editicon.png このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

参加者

ジェダイと共和国

生存者

Delta Squad.jpg

戦闘に参加したデルタ分隊

犠牲者

Ep2-ia-30408-cropped.jpg

戦死したジェダイ・パダワン、タン・ユースター

独立星系連合

生存者

Warroom2.JPG

独立星系連合

犠牲者

参考資料

脚注

  [Source]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki