FANDOM


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

類似した名称の記事はコリバンの戦い(曖昧さ回避)を参照
「ナガ・サドウは退却を宣言し、生き残った戦士たちとともにシス帝国に戻った。故郷でサドウを待っていたのは、殺したはずの宿敵ルド・クレシュだった。クレシュは容赦せず、サドウと“反逆者たち”を攻撃する。もはや失うもののないナガ・サドウは、必死に反撃した」
ヴォレン・ナルの歴史書[出典]

ハイパースペース大戦が繰り広げられていた5000 BBYシス卿ナガ・サドウルド・クレシュ艦隊シスの墓地惑星コリバンの上空で小戦闘を行った。この以前に、ふたりはシスの暗黒卿の称号を巡って争い、このとき敗北したクレシュはを装って姿を隠すことになった。その後、サドウは銀河系を支配するためハイパースペース大戦を引き起こして銀河共和国と戦ったが、この試みは失敗に終わる。プリマス・ガルードの戦いで敗北した後、サドウは生き残った艦隊と共にシス帝国領へと帰還する。しかしコリバン上空で、死んだと思われていたクレシュとその軍隊がサドウの前に姿を現した。双方の艦隊からレーザー砲火が飛び交い、両陣営の多くの宇宙船が破壊された。仇敵の奇襲を受けたサドウだったが、彼には策があった。サドウはダメージを負った自軍の船のひとつを、クレシュの旗艦にぶつけた。この戦略は功を奏し、サドウは長年のライバルを殺して勝利を収めた。

背景

5000 BBYシスの暗黒卿ナガ・サドウシス帝国の実権を握った。カー・デルバの戦いで長年のライバルのシス卿ルド・クレシュを破ったサドウは、銀河共和国への攻撃に備え準備を開始した。艦隊の準備が整った頃、ルド・クレシュの旗艦カー・デルバ上空に姿を現し、サドウの勢力によって破壊された。しかしこれは、を装うためのルド・クレシュの策略だった。ライバルの策略に気づかず、障害を全て排除し終えたと考えたサドウは、ハイパースペース大戦を引き起こし侵略を開始する。しかしサドウの軍隊は共和国の首都コルサント、そしてコロス星系のいずれの戦場でも敗北を喫し、侵略の試みは失敗に終わった。共和国とシスの軍隊は巨星プリマス・ガルード付近で対決し、敗れたサドウはシス帝国の領域へと引き換えした。

戦闘

サドウの軍隊は、シスの墓地惑星コリバンの上空でハイパースペースから脱した。しかし、暗黒卿は予期せぬ相手に迎えられた。彼が殺したはずのルド・クレシュは、自分こそがシスの暗黒卿だと宣言し、カー・デルバで囮の宇宙船を破壊させることで死を装った事実を明かした。カー・デルバでの出来事以来、クレシュはサドウと戦うため力を蓄えていた。クレシュはサドウがシス帝国の益にとって脅威になると言い放ち、彼を永久にシス帝国から追放すると語った。サドウは引き下がることを拒否し、両陣営から凄まじいレーザー砲火が飛び交った。戦場の各地で、敵対するシス・スターファイター激戦を繰り広げ、主力艦はレーザーの猛襲で敵の艦船を撃ち落とした。予期せぬ戦いに臨んだサドウだったが、彼には策があった。彼はダメージを負った船のひとつに、ルド・クレシュの旗艦に突撃するよう命じた。サドウの軍の船は恐れおののくクレシュの旗艦とぶつかり、衝突によってクレシュの命を奪った。戦いが終わり、サドウは長年の敵をようやく破った。

LudoDeath

破壊されるクレシュの旗艦

その後

ルド・クレシュの艦隊のうち、数隻はまだ動くことが出来たが、彼らはクレシュが死ぬと戦いを続けようとはしなかった。勝利を収めたナガ・サドウは、この戦いで被った損失に動揺する。戦いが終結した直後、サドウとその軍隊はまたしても敵の攻撃を受けた。シスに対する勝利を確実にするため、共和国軍がシス帝国へと追撃してきたのである。コロス星系の統治者エンプレステタが率いる軍隊は、サドウを敗北に追い込んだ。サドウは自らの死を装い、辺境の衛星ヤヴィン4へと逃げ延びた。

制作の舞台裏

第一次コリバンの戦いは、コミック・ブック・シリーズ『Star Wars: Tales of the Jedi』の『The Fall of the Sith Empire 5: End of an Empire』(1997年発売/ケヴィン・J・アンダースン作、未邦訳)で描かれた。コミックのイラストを担当したのは、ダリオ・カラスコ・ジュニアである。ダニエル・ウォーレスの『スター・ウォーズ 全史』では、ハイパースペース大戦の描写の中で、この戦いについても言及している。他にもウォーレスの『The New Essential Guide to Characters』(未邦訳)や、ウォーレスとジェイソン・フライ共著の『The Essential Atlas』でも第一次コリバンの戦いについて言及する箇所がある。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki