FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
Motley crowd-TFA

様々な種族の知覚生物たち(およびドロイド

「言葉を話せるからといって、利口とは限らん」
ジャー・ジャー・ビンクスに対し、クワイ=ガン・ジン[出典]

知覚(Sentience)は、有機的種族が知的にものごとを考える能力である。知覚を持つ生き物のことを知覚生物(Sentient)や知覚種族(Sentient species)と呼ぶ。知覚種族の例として、人間イウォークグンガンジオノージアンなどが挙げられる。知覚を持たない生き物は“クリーチャー”や“ビースト”などと呼ばれた。クリーチャーの中には、ジロ・ビーストのように明らかに知覚が発達していた種もあった。

分類

銀河系の生き物は、知覚の度合いによって以下の3つに分類された:

  • 知覚種族(Sentient):知的な思考を持つ生物。一般的に、知覚種族は道具を使うことができ、言葉によってコミュニケーションをとった。知覚種族の中でも高度なテクノロジーを持つものとそうでないものがあり、人間のように宇宙航行技術によって恒星間文明を発達させた種族もあれば、タルズイウォークのように母星で原始的な生活を送る種族もいた。銀河系では知覚種族による社会が発展し、銀河共和国銀河帝国といった多種族による国家が形成された。
  • 準知覚種族(Semi-sentient):ある程度の知性を持つ生物。ジロ・ビーストなどが挙げられる。
  • 非知覚種族(Non-sentient):知性を持たない生き物。

知覚種族とテクノロジー

知覚種族は銀河系のいたるところでテクノロジーに依存した文明を発達させた。テクノロジーは高度なものから未発達なものまでさまざまな種類が存在した。知覚種族は情報収集や調査のためにセンサーを活用し、防衛のためにエネルギー・シールドや武器を用いた。また彼らはドロイドを開発し、日常的な作業や軍事活動など幅広い役目を肩代わりさせた。知覚種族がつくり出したスターシップは恒星間交易を可能にし、恒星間交易は最終的に大きな技術的発展をもたらした。一方で、戦争によって最新の防御・攻撃兵器の開発が促進させることにより、技術革新にもいっそう拍車がかかった。技術的に発達した文明の多くは、相対的に未開な文明に対し優越感を抱く傾向にあった。[1]

知覚種族と文化

知覚種族が他の知覚種族を売買・所有する文化は奴隷制と呼ばれた。銀河共和国の法律のもとでは奴隷制が禁止されていたが、タトゥイーンのように法や秩序の行き届かないアウター・リム・テリトリーの星々ではこの慣習がまかり通っていた。中でもザイゲリアンは奴隷商人として悪名高く、他種族の売買によって得た利益で巨大な奴隷帝国を築き上げていた。

参考資料

脚注

外部リンク

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。