FANDOM


「私ほど長く生きていると、異なる人々が同じ目をしているのに気づくものさ」
マズ・カナタ[出典]
Rey eyes

人間レイ)の目

(Eye)は多くの動物が持つ、視覚を司る器官である。ドロイドでいうフォトレセプターに相当する。人間をはじめとするほとんどのヒューマノイド種族は頭部に一対の目を備えていた。またアビシンの場合は目は1つで、タルズハーチヴォルパイのように何組もの目を持つ種族もいた。中にはメリットのように全く目を持たず、他の器官で視覚を補う種族もあった。

特徴

目の色や形、大きさは種族によってさまざまで、同じ人間種族でも個体によって瞳の色が異なった。チス種族は輝く赤い目を持っていた。また、イシ・ティブウータイオングリーグランクランボアングンガンジルキンパロウィックビヴォールといった種族は、顔から突き出た眼柄に目がついていた。

フォース=センシティブダークサイドに転向した際に目の色が変化することがあった。人間のジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーはもともと青い瞳だったが、ダークサイドに転向してシス卿ダース・ヴェイダーとなった際、赤く縁取られた黄色の瞳に変化した。[1]

知覚種族は砂漠などの環境で目を保護するためのゴーグルを着用することがあった。[2]

視覚

知覚種族は生まれ持った視力では届かない遠くのものを見る際、マクロバイノキュラーエレクトロバイノキュラーといった道具を使用した。また、ブラスタースラグスローアーなどによる射撃時にスコープを使って視覚を補佐することがあった。[2][3]

フォース=センシティブは目を閉じたり[3]、目に傷を負って失明したりしてもフォースで視覚を補うことができた。反乱者ジェダイケイナン・ジャラスダース・モールとの戦いで視力を失ったが、フォースの感覚で視覚を補い、その後も反乱者として戦い続けた。[4] また、ジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービはフォースの訓練を開始して間もないルーク・スカイウォーカーに目隠しをさせ、フォースを頼りにトレーニング・リモートの攻撃を防御する修行を行わせた。[3]

参考資料

脚注

外部リンク

他言語版