FANDOM


デス・スター用の監督ドロイド(Overseer droid)はパーワン科学者ドクターグーバッカー率いる人工頭脳チームによって設計された。

歴史

この強化型監督ドロイドは、共和国特殊兵器部門によって開発されていた機動性バトル・ステーション(のちのデス・スター)の建造現場で使うため、クローン戦争期に設計された。イクトッチイコンピューターエンジニアダジオ・ベルコーズもこの監督ドロイドの設計に携わった。[1]

登場作品

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 出典:カタリスト

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。