FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
Yoda naturist

あらゆる命を尊んだジェダイ・マスターヨーダ

生けるフォース[1](Living Force)はフォースに関するひとつの見解であり、世代を問わず大多数のジェダイたちによって受け入れられていた。生けるフォースは生きるものの大部分に存在していると考えられており、それらを取り囲み、浸透しており、そして生きとし生ける全てのものの創造はこれによって繋がっていた。ジェダイは自分たちの本能に頼り、周囲の生きるものと調和するという生けるフォースを信じていた。彼らは将来と自分たちの行動が導く結果を心に留めて忘れなかったが、今現在に集中せよという考えを持っていた。生けるフォースはの側面を持つと考えられていた。そしてジェダイは闇の側面、ダークサイドからの誘惑を避けるために、常に自分たちの行動を注意し心に留めなくてはならなかった。生けるフォースに従ったジェダイの何人かは、その肉体的な死を遂げたあとにも、フォースとひとつになってフォース・ゴーストと成ることで、個人の存在を保つことが出来た。クワイ=ガン・ジンのような生けるフォースを信奉する者たちは、“その瞬間に生きる”という哲学を支持しており、自分たちの本能に重点を置いて生きるものの感覚に集中していた。これとは逆に、今現在よりも運命の達成に重点を置く考えは、統合するフォースの基幹となる信条のひとつだった。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki