FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
「共和国を救うのは不可能なのだ。新しいものを築くときだ」
ドゥークー[出典]

独立星系連合[1](Confederacy of Independent Systems)は、連合(Confederacy)、分離主義連合(Separatist Confederacy)、ニュー・オーダー(New Order)、分離支持派(Pro-secessionists)、分離主義同盟(Separatist Alliance)、あるいは分離主義者分離主義勢力(Separatists; Seps; Sepies)といった口語で知られた政府および分離主義運動。シスの暗黒卿ダース・シディアスと、その弟子であるドゥークー伯爵によって率いられた。 衰退した銀河共和国政府からの独立を願う、大手巨大企業を含むさまざまな惑星間及び宙域間政府によって構成されていた。

連合の動向はやがて、ジオノーシスにおけるジェダイ・オーダーパドメ・アミダラ議員アナキン・スカイウォーカーオビ=ワン・ケノービの救出劇から戦争へと発展した。独立星系連合のドロイドの大き軍は共和国のクローン・トルーパーと激突し、これは銀河系規模の戦いとなった。

連合、特にドロイド軍最高司令官グリーヴァスは多くの銀河市民の心に恐怖を植えつけた。連合軍は共和国との多くの戦いで勝利を収めたが、惑星ムスタファーで起こった幹部たちの惨殺により、突然解散状態となり銀河帝国誕生へと繋がった。

政府と政治

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。
Seperatist leadership

分離主義者の指導者たち、左からグリーヴァス、ドゥークー、アサージ・ヴェントレス

独立星系連合はただ一人の連合の長をもち、彼の下に分離主義者評議会が置かれていた。独立星系連合の公式の指導者は、かつてジェダイ・マスターだった経歴を持ち、ダース・シディアスの2番目の弟子、“ダース・ティラナス”の名でも知られていた、ドゥークー伯爵である。指導者と分離主義者評議会の中間で活動していたのが、ドロイド軍団最高司令官グリーヴァス将軍である。グリーヴァス将軍は連合政府への直接的な支配力を持っていなかったが、万が一指導者が機能できなくなった場合は指揮を執った。もしドゥークーとグリーヴァスの両方が指令を出せなくなった場合は、ヌート・ガンレイが指導者となり、同時に評議会の指導者(戦争の資金援助の主要メンバー)となった。しかし、独立星系連合の実質的な権力者は、シスの暗黒卿シディアスだった。この事実は、ごく少数のもの、例えばシディアスの命令に従うドゥークーなどしか知らなかった。

分離主義評議会は、10人の指導者たちによって構成されていた。指導者はそれぞれ、彼または彼女自身の命令に従う民を持っていた。メンバーは以下の通り:

登場作品

参考資料

脚注

  1. 表記はスター・ウォーズ 全史に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。