FANDOM


洗浄ドロイド[1](Scrubber droid)はインダストリアル・オートマトン社生産の第5級に属するメンテナンス・ドロイド

特徴

このシリーズのドロイドは、宇宙港やハンガー・デッキ(格納デッキ)から危険物質を取り除くようにプログラムされていた。箱のような形をした洗浄ドロイドは、流出した燃料や有害物質が潜む水溜りなどを探して床を動き回る。ナブーで使用されていたものは、シード宮殿のコンピューター・システムと交信するアンテナを備えていた。また、底部には燃料洗浄器が、そしてあらゆる危険な燃料漏れをチェックするステレオ探知機も装備していた。このセンサーは“スニッファー(嗅ぐ人)”と呼ばれた。

登場作品

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki