FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
Luke-Treadwell close large

水分抽出機の横に立つルーク・スカイウォーカー

水分農夫水分農家(Moisture farmer)は、惑星タトゥイーンオード・マンテルといった砂漠の惑星で、大気中から水分を採取し、農業を営む人々である。

生活

 水分抽出機を必要不可欠とする程の惑星は、まず間違いなく過酷な砂漠に覆われている。人間種は水無で生きていくことは出来ず、また、農作物も水無しで育たない。水分農夫とは、近隣に川や湖のような物を持たず、自然の状態で水を引くことが出来ない砂漠の中で、水分抽出機を頼りに農業を営む人々である。彼等にとっての、その命とも言える水分抽出機の整備を怠ることはできない。少しでもメンテナンスを怠れば機械は壊れ、命とも言える水が手に入らなくなる。農産物は枯れ、飲み水は失われる。そこで、農場経営者は絶えず水分凝結機をモニターしたり調整したりするために、労働者やドロイドを雇う事になる。とくに多くの労働力を必要とする収穫前、ドロイドをアシスタントに使うことができれば、効率よく農場の運営ができる。水分凝結機にプログラミングされているのはバイナリー、2進言語であり、多少理解しがたい文法が有ったりするため、この原語のわかるドロイドを探すが、僻地の惑星ではなかなか思ったようなドロイドが手に入ることはない。タトゥイーンでは高性能のドロイド自体貴重品なのだ。

しかし、ドロイドがうまく動かないのはたいしたことではない。それよりも、集水量の低下や集水の失敗の可能性を別にすれば、タスケン・レイダーとも呼ばれるサンド・ピープルの方が恐ろしかった。この穿猛な山賊は、農場を襲撃するので、農民は土地や家族を守るために武装している。高性能のブラスター・ライフルを持ち、警備を怠らなければ、農民たちはタスケン・レイダーの攻撃を思いとどまらせたり撃退することもできるのである。

荒れ果てた環境下でのモイスチャー・ファーミングの普及は、タトゥイーンに住む砂漠の民の、不屈の決断力の証でもあるのだ。

参考資料

関連項目

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki