FANDOM


この記事は未邦訳の作品を扱っており、記事のタイトルは公式な邦題ではありません。

死の瞬間』(原題:Time of Death)はアンソロジー『ある視点から見た物語』に収録されている短編小説である。作者はキャヴァン・スコット

あらすじ

オビ=ワン・ケノービの瞬間に過去のできごとを走馬灯のように垣間見た。アナキンとの出会い、クワイ=ガンの死、ムスタファーの対決。過去と現在が衝突し、もはやオビ=ワンにはどれが現実かわからなくなった。悲しみのあまり崩れ落ちるレイア、恐怖に飲まれて落下するソロ、孤独と後悔に満ちた生活を送る老齢のルークの姿が見える。オーウェンの言うように、自分がルークにしたことは間違いだったのだろうか。ベルーが甥の名を呼ぶ。しかしルークが走っていくべき場所はそこではない。そして現在、オビ=ワンは死の瞬間を迎え、フォースを通してルークに声をかける。“走れ、ルーク。走れ!”

登場人物・用語

目次
人物 · 動物 · ドロイドの機種 · 出来事 · 地名
組織と称号 · 種族 · 乗物 · 技術と武器 · その他
人物
動物
ドロイドの機種
出来事
地名
組織と称号
種族
乗物
技術と武器
その他
他言語版