FANDOM


暗黒の潮流は『Dark Tide I: Onslaught』の邦訳小説。マイケル・A・スタックポール著。富永和子訳。ニュー・ジェダイ・オーダー・シリーズの2作目であり、いわゆる暗黒の潮流2部作の前編。2000年4月20日発行。

原書

「暗黒の潮流」の原書「Dark Tide I: Onslaught」は2000年2月1日に発行された。

あらすじ

別銀河からの侵略者、ユージャン・ヴォングを一度は退けたものの、銀河系への侵略は始まったばかりだった。レイア・オーガナ・ソロ新共和国に警告を呼びかけるが、元首ボースク・フェイリャをはじめとする政府の面々はこの話に取り合わなかった。そして銀河の危機に際し、ニュー・ジェダイ・オーダーも分裂の兆しを見せていた。過激派のジェダイキップ・デュロンは侵略者を壊滅させると息巻く。ルーク・スカイウォーカーはジェダイたちに協力を呼びかけ、侵略者の調査を開始した。また、チューバッカを失ったショックが消えないハン・ソロは、レイアと離れて生活を送る。

ジェダイ・ナイトコラン・ホーンガナー・リソーディ[1] は、惑星ビミエルでユージャン・ヴォングの死体を発見した。そして、生きたユージャン・ヴォングとも遭遇し、戦って彼らを殺害した。ギャヴィン・ダークライターローグ中隊の面々も、トレイスト・クレフェイ指揮のもとユージャン・ヴォングと戦いを続けていた。ダントゥインでは、アナキン・ソロマラ・ジェイド・スカイウォーカーがユージャン・ヴォングと遭遇する。侵略軍の勢力は、やってくる度に力を増しているようだった。

登場人物・用語

脚注

  1. 「暗黒の潮流」ではガナー・リゾードの表記が使われている。リソーディはのちに新しく修正された表記。


ニュー・ジェダイ・オーダー・シリーズ
新たなる脅威暗黒の潮流アイソアへの侵攻英雄の試練ジェダイの失墜
バランス・ポイント征服復活猟獣陥落暗黒の旅路レベル・ドリーム魔都潜入
反逆者運命の道レムナント逃亡者再会最後の予言迷走統合
短編 (未邦訳)
Recovery · Emissary of the Void · The Apprentice · Or Die Trying

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki