FANDOM


この記事は元老院情報部の組織を扱っています。 あなたが探しているのは帝国情報部組織かもしれません。
「我々の暗号チームは攻撃的でユニークな人材を求めていた」
アーマンド・アイサード[出典]

暗号解読部門Cryptanalysis Department)は、クローン大戦中にアーマンド・アイサード長官によって設立された、銀河共和国元老院情報部の組織である。この組織は、政府のホロネット・チャンネルを防衛するための特別情報委員会であり、独立星系連合のプロパガンダ放送を発信している分離主義者に対する対抗措置も講じていた。暗号解読部門のリーダーは、元老院情報部の副長官、イルコ・デミナーである。[1]

歴史

暗号解読部門に優秀な人材を確保するため、アーマンド・アイサードは民間人からも情報部員を選抜する許可を得た。候補者たちには難解な暗号に返還された求人ガイドが送られ、次のステップに進めるのは暗号を解読できたものだけという仕組みだった。[1]

元老院情報部が帝国情報部に再編されると、暗号解読部門もそちらに移った。

登場作品

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。