Fandom

Wookieepedia

新共和国

< 新共和国

9,032このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
正史版の内容はこちらをクリック。  レジェンズ版の内容を紹介しています。 

新共和国[1](New Republic)は、エンドアの戦いの後、共和国再建のための同盟が設立した銀河帝国に代わる銀河系政府である。かつての銀河共和国と同様、共和国(Republic)という略称でよく知られていた。また、あまり使われることは無かったが、新銀河共和国(New Galactic Republic)、あるいは第二共和国(Second Galactic Republic)という呼称も存在した。

共和国再建のための同盟、通称反乱同盟は、4 ABYエンドアの戦いに勝利した直後、自由惑星同盟という臨時政府を設立した。同年、彼らは自由惑星同盟を解体し、銀河の最高政府機関となる新共和国を設立する。“新”共和国は、かつての銀河共和国(この頃から旧共和国と呼ばれるようになった)の後継者のような存在だと考えられていた。

歴史

新共和国の誕生

Imperial center ROTJ.jpg

皇帝の死をきっかけに、共和国再建を求める市民の声が顕在化した

4 ABYエンドアの戦いにおける皇帝パルパティーンの死をきっかけに、銀河帝国の崩壊が始まった。共和国再建のための同盟は、新共和国ホロネットと呼ばれる独自のホロネット・システムを使い、第2デス・スターの破壊と、皇帝の死の報せを銀河系の各地に伝えた。帝国の首都惑星コルサントでは、エンドアのニュースを受け、民間市民と反乱軍による暴動が発生した。彼らは銀河共和国の復活を叫んで戦ったが、暴動は最終的に鎮圧された。

エンドアの戦いの数後、反乱軍は自由惑星同盟という暫定的な政府を設立した。そしてそれから1か後、反乱同盟の重要メンバー8名によって正式に新共和国宣言が行われ、新政府の目的、価値観、理想が定められた。反乱同盟の指導者だったモン・モスマは、宣言の内容をホロネット・チャンネルで発表した。宣言に参加したのは、シャンドリラ代表のモスマ、オルデラン代表のプリンセスレイア・オーガナコスリス代表のボースク・フェイリャダック代表のギアル・アクバー提督サラスト代表のシアン・テヴコレリア代表のドーマン・ベルースキャッシーク代表のケリスラーエロム代表のヴェリネフラ・ブゾッグ・インドリアムセグである。彼らは、新共和国の暫定評議会のメンバーになった。

暫定評議会の、そして新共和国の大きな目標は、惑星コルサントを制圧することだった。これは戦略的というよりはむしろ、象徴的な意味での目標だった。旧共和国の誕生以来、常に銀河系政府の首都が置かれていたコルサントを征服することで、新共和国の権威が合法的であることを銀河市民の知らしめることができると考えたのである。行動を起こすまでの間、諮問評議会や内部評議会の会合は、ノキヴゾールといった他の惑星で行われた。彼らはこの期間に新政府のための方針をつくり続け、政治方針や法律の作成に取り組んだ。

コアへの進撃

エンドアの勝利に続く数か月間、新共和国は、帝国の領域への攻撃はほとんど行わず、むしろ帝国を打倒した数々の惑星へ大使を派遣することに集中した。大使たちはアウター・リム・テリトリーで加盟者を増やすことで新共和国の安定性を瞬く間に強化し、アクバー提督は銀河系の重要地点を帝国から解放することを目的とした最初の軍事作戦に備えた。その後の2年で、新共和国防衛軍ミッド・リムインナー・リムで無数の惑星を解放してコア・ワールドへと拡張し、来たるべきコルサント征服作戦に向けた主要基地を確立した。

6.5 ABYの時点で、銀河系の3割が新共和国の支持者となっており、加えて2割が、慎重な姿勢で彼らを応援する名目上の味方だった。アクバーと彼の艦隊はコア領域へ接近し、新共和国の重要目標であるコルサントの征服は目前に迫った。

銀河系の主要政府

Editicon.png このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

参考資料

脚注

  1. 訳語は『スター・ウォーズ 全史』に従う。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki