FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「守るべきは民主主義ではなく、人々です。そのために駐屯地の十パーセントは残しておくのです。平和維持軍として。その後、他惑星の軍隊訓練に心血を注がなければなりません。本当の銀河同盟となるのです。どこかの独裁主義者が太陽となって惑星の中心に居座る、見せかけの同盟ではなく」
モン・モスマ[出典]

新共和国軍(New Republic military)は新共和国を防衛するために組織された軍隊である。エンドアの戦いの後、反乱同盟が新政府を立ち上げた時に創設され、同盟軍を前身としていた。共和国司令部が全体の指揮を執り、新共和国防衛艦隊新共和国地上軍、そして特殊作戦ユニットの新共和国軍特殊部隊によって構成された。銀河帝国との間に平和条約が結ばれて銀河内戦が終結した後、新共和国はモン・モスマ議長が提案した軍備縮小法を可決し駐屯地の90パーセントを削減した。残りの1割は平和維持軍として活動を続け、新共和国は大規模な正規軍を持つよりも、加盟惑星の自衛部隊を訓練することに重点を置いた。新共和国の誕生から数十年後、新共和国軍は銀河元老院の意向に従いファースト・オーダーとの戦いを避けた。明白な脅威を無視することに不満を持つ一部の新共和国軍兵士は、レイア・オーガナ将軍が組織したレジスタンスへ離反した。

登場作品

参考資料

新共和国
歴代議長 モン・モスマ - ラネヴァー・ヴィルチャム
組織 銀河元老院人民主義者 - 集権主義者) - 新共和国保安局 - 新共和国宇宙省
軍隊 共和国司令部 - 新共和国軍特殊部隊
宇宙軍新共和国軍スターファイター部隊 - 新共和国軍パイロット
地上軍新共和国軍兵士
関連記事 銀河協定 - 軍備縮小法 - 主席議員 - シャンドリラ - ナカディア - ホズニアン・プライム
[テンプレート]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。